2017年07月17日

竹細工 その2「マグカップをつくってみた」

さて今度は竹材でマグカップを作ることにした。それでコーヒーが美味いのか、お茶は?ビールは?と思いつつ、作ってみなければ分からない。先日もらってきた竹材の中から根元に近くて変色もあり断面も円でなく楕円っぽいものを敢えて使ってやることにし
た。先ずは節部を底にして適当な高さの輪切りと、ここまでは簡単だ。

竹のマグカップ製作

取っ手は余った竹の輪切りを半分にして外形に合わせて削り接着すればよいが、その前に呑口の内側を薄く削ってサンドペーパーで磨いて飲みやすくしておく。取っ手も同じように面取りしてペーパーがけしておくと後が楽だ。

竹のマグカップ製作

最後に取っ手をアロンアルファで接着したら出来上がり、木型職人としては楽勝、これで完成・・・・・のはず・・・だった。
ところが出来上がった”竹マグカップ"を洗浄して手に持ったら取っ手が意外にも簡単にバリっと外れたのだ。それも竹の表面には全くアロンアルファの跡が残らずに。これってどういうこと?


竹のマグカップ製作

ネットで調べると竹の表面は接着剤も効かない不思議な素材らしい。ではどうすればいいか、表面を削ってはまり込み方式にすれば接着するのではないかと思い早速手直しに入る。

竹のマグカップ製作


手直し完了、今度はしっかりくっついているようだが安心はできない。暫く実際に使ってみて耐久テストをする必要がある。もし誰かにプレゼントして取っ手が外れてコーヒーが溢れるような事態になっては申し訳ないので。

ホットコーヒーや冷たいビールがどんな味わいになるかも気になるところ。ビール


posted by リチャード at 19:08| Comment(2) | 生活全般

2017年07月09日

竹細工 その1「花器をつくってみた」

花器

木型職人だったので材料が木なら道具も持っているまあそれなりに得意分野だ。だが青竹から切り取りして細工物を作るのは初めてだった。先ず道具からして違い竹専用の鋸(ノコ)や鉈(ナタ)があると聞いて先日ネットで購入した。

考えてみれば竹というのは不思議な植物である。節の数は生まれたての竹の子の時にすでに形成されていて節と節の間隔を広げて成長することで大きくなっていく。しかも理想的な空洞により自重を軽くしつつ強度を保っている。材料としての価値も高く捨てるところがない。その空洞に物を入れたり液体を入れたりする道具として、あるいは細いヒゴにして編めば魅力的で実用的なザルやカゴに変身するという具合。


花器

カゴを作るのは年期が必要でとても無理だから先ずは手始めとして(切り花を生ける)花器を製作してみた。
花器なんて使ったことも作ったこともなく、知らないことはネットで調べて写真なども大いに参考にした。
基本は節を利用して水を注す領域を考えつつ上部を適当な所で切断する。水平に切っても良いが斜めに切るとオシャレである。節の下数センチが足になり太めの竹は三叉にしてみた。

竹は決して真っ直ぐでなく太さも均一でない。枝のある部分では胴も変形している。一本一本に強烈な個性があるのも何かしら人間のようでいて面白い。完成した花器は試しに住まいみまもりたいリサイクルショップに安値で置いてみようと思う。
posted by リチャード at 12:44| Comment(0) | 生活全般

2017年07月01日

初めての竹取り

竹取り

30日、大東市内で活動しておられるM会の方々による竹伐採が先週に予定されていたが雨のため延期となっていた。そして迎えたこの日も又あいにくの雨だったので再延期かと思いきや、延ばすと七夕行事に間に合わないとかで強行伐採となったらしい。

我々「住まいみまもりたい」のY代表がM会さんと親しくさせていただいているよしみでぜひこの機会に我々も竹を取りたいと、Y代表と私の二名で参加したという次第。

未明からの断続的な雨で竹林の足場は大変滑りやすくなっており我々素人が無理に分け入って怪我でもしたら返って迷惑をかけるとの判断から竹取りは断念、上で待って切り取られた竹を引き上げる手伝いをした(というより最初から邪魔な二名であったかも)。

「どれでも好きなの持っていってええよ」との言葉に甘え、適当な長さの三本を戴いてホイサッサと車に積んで置き土産もなく現場を離脱した(笑)

さて、持ち帰った立派な青竹がどうなるか、乞うご期待といったところ。

タグ:大東市 竹林
posted by リチャード at 22:50| Comment(0) | 生活全般

2017年05月23日

やってみた、朝の弁当作り

自作弁当


毎日外に出るようになった結果、困ったのが昼食のこと。最初の二週間は近所のホカ弁屋さんとかパン屋さんで調達していたけど飽きてきました。それに経費も抑えないとね。

なので昨日から早起きして自分で弁当を作って持って行ってます。私がついでに作ったおかずを妻が家で昼に食べているという逆転現象。

タグ:お弁当
posted by リチャード at 08:00| Comment(0) | 生活全般

2017年05月20日

想定外の展開に

廃業したからと言って特にハローワークに行くでもなく、シルバーセンターに登録するでもなく、けどどげんかせんといかんなと、大東市がバックアップしているあるNPO法人の活動を知って登録したのが昨年暮れのこと。

ところが大型連休の余韻も覚めやらぬ今月8日から突然、自分の身に起こった想定外の展開に最初は戸惑い、今はようやく落ち着いて、少しずつやり甲斐を感じつつあります。

その想定外の展開とは・・・


1.人付き合いが苦手な製造業一筋だったのが、今は人と人をつなぐ活動をしていること。


2.30年間ひとり職場だったのが、今は毎日女性の方々に交じって活動をしていること。


3.作業場からほとんど一歩も出なかった日常が、今は大東市内を電動アシスト自転車で縦横に日々走り回っていること。


4.図面とカンナと金槌を握っていた手が、今は個人情報と電話とメモに変わったこと。


まさかこんな展開になるとは人生分からないもんです。
もしかしたら私のライフワークになりそうな予感さえあります。

posted by リチャード at 00:00| Comment(0) | 生活全般

2017年03月17日

廃業に向けて、やることなすこと 完

IMG_1681.jpg
清算結了が印字された閉鎖事項証明書

清算結了の登記申請が問題なく受理されてから四日目の今日、法務局に行って会社が完全に消滅したことを証明する閉鎖事項証明書を取ってきた。この交付にも600円印紙が必要で一連の廃業手続きでは最後の支出となった。

この証明書を一体何に使うかというと、この写しを税務署などに残余財産確定申告書を提出する際に添付して「会社はすっかり消滅しましたので今後一切の関わりを終了します」みたいな税務上の処理をしてもらうため。

昨年末に廃業を決めてから漸くここまで司法書士を入れず何とか辿り着けたことに感慨深いものがある。これがもし何かのスキル達成証明書とか合格証ならば、前途洋々、未来は開けるだろうが閉鎖事項証明書にはそれは全く無い。これで終わりである。

これは30代で起業を決意し、やがて会社を起こし、薄利なりにも通算32年間社会と関わった者としてのケジメであろうか。


追記2017.3.18 今日気付いたのだが証明書の写真をよく見たら重大な間違いを発見した。清算結了の閉鎖日がなんで平成29年でなく26年になってるわけ? 結了登記の前に閉鎖なんてありえないからこれは明らかに登記官の入力ミス。思い返せば朝の窓口の職員などは同僚と私語を交わしていたな。連休明けたら文句を言って修正版を早急に送らせるつもりだ(怒)

posted by リチャード at 22:46| Comment(0) | 生活全般

2017年03月15日

扉付き靴箱に生まれ変わった

靴箱に改造
ガッシリと重量感のあるオープンラック

依頼を受けて運び入れたこの重厚な二台のオープンラック、かつてはL版サイズの書籍かキャラクタグッズかはたまたLPレコードなどを入れる用途で使われていたと思われる。
諸事情で使われなくなり長い間ガレージに出されていたが今回これらを扉付きの靴箱に変身できないかとのご相談。

内法が800 X 800 X 390で、靴箱としては奥行きがこんなにいらない気もするが、量産品の部材は中空(空洞)になっているので切断して奥行きを変えることも、中の仕切り板の位置を変えることも一切出来ない。

扉は観音開きにするとして蝶番で止めるのが一般的だがよく見るとこの商品、すべての接合部がジョイント構造の特殊なネジで止めてありドライバー一本で分解組み立てが自由に出来る優れもの。分解ができるならば扉をピン固定方式にして組み立てる時に扉をはめ込めばスッキリして見栄えも良い。 さっそくネットでブッシュ、ドアマグネット、ドアアンドルなどを注文した。


靴箱に改造
補強のブッシュを埋め込む

ブッシュはドアピンを受ける穴を補強するためのリング、これを大きめの穴を開けて叩き込む。本当はもっと中に寄せたかったが部材の空洞が心配でこんなシビアな場所になった。


IMG_1679.jpg
アルミ棒を切断して挿し込んだドアピン


靴箱に変身
靴箱に生まれ変わった二台のオープンラック

ラックの十文字の仕切板を扉の厚み分(2センチ)だけ電動ノコで引き落とす必要がある。切り落とした部材は後で増設棚の固定用として再利用だ。扉の微調整が終わったらドアマグネットとハンドルを付けて観音開きの出来上がり。

最後に棚を増設し裏板を貼って完成。見えないが右の靴箱の下段はロングブーツ用に棚を設けていない。

posted by リチャード at 16:54| Comment(0) | 生活全般

2017年03月13日

廃業に向けて、やることなすこと その6

自営の有限会社を解散登記したのが昨年の12月26日で、現在まで商売は出来ないが会社は存続しているという宙ぶらりんな状態のまま2ヶ月少々が過ぎた。

それまで何もしなかった。いや正確には、何も出来なかったというのが正しい。
法律上、債権処理、資産処分などの猶予期間として最低2ヶ月間は清算結了登記(会社を完全に抹消する)ができない仕組みになっているらしい。

うちの会社の場合は資産はおろか借金も無いし外部の出資者も債権者もいないので話は簡単だ。そこで本日、法務局東大阪支局に赴き臨時株主総会議事録や決算報告書などを添えて清算結了の登記申請を済ませてきた。内容の一部に間違いを指摘されたがコピー修正で助かった。前回みたいに出直しはもう懲り懲りである。

会社が完全に抹消されたという証明となる結了登記の謄本を交付申請するため、あと四日後にもう一回法務局に足を運ぶ必要がある。後日この証明書を持って税務署などに提出することになる。

今日の結了登記申請代2,000円が事実上会社としての最後の出費となった。しかし小さな会社が司法書士に頼むならいざ知らず、自分でここまでやるだろうかと思う。面倒だし、何の生産性も無いし、メリットもなさそうだし、大部分はそのまま休眠会社にして自然消滅させるのだろうな。


posted by リチャード at 22:31| Comment(0) | 生活全般

2017年02月14日

2L飲料3本買って詰めたら折れちゃった

バックル修理
荷重6kgに耐えられなかった古いバックル

スーパーで2リットル入りの飲料水を3本買ってそれをバックパックに詰めてヨイショと背負おうとしたら「バキッむかっ(怒り)」とベルトのプラスチックバックルが割れてしまった。6kgに耐えられなかった驚きと買い替えが脳裏をよぎってWショック。

バックル修理
家にあったマジックテープとバックルの余りもの

しかし待てよ、ここで思い出したのが昔ホームセンターで買って余っていたこの部品、なあんだこれがあれば一件落着と一瞬思ったのは尚早。ベルトはバッグ本体にしっかり縫い付けてあり縫い目を解かないことにはバックルの中間バーに通せないのだった。

ネットで調べてみるとこういう場合のため差し込みピン方式のリペア用バックルが売られていたり、また別の商品ではバックルの中間バーにスリットがあってそこからベルトを押し込める商品もあった。やっぱり探せばあるんだな。

バックル修理
小刀でスリットを作った

少々耐荷重は落ちるが後者の方法を参考にさせてもらって手持ちのバックルにスリットを入れてみた。割ってしまわないよう少しずつ慎重に削っていく。切断面はサンドペーパーで擦っておく。ここからベルトを通す。

バックル修理
ベルトをスリットに通して一旦奥に押し込んでから反対側を通して伸ばすと・・・

バックル修理

おー、やったひらめき さてここから先が重要なポイント。普通なら右の2本のバーに相手ベルトを巻き付けてしまいがちだがそれだとスリットのあるバーにだけ荷重がかかることになる。そこで・・・

バックル修理
相手ベルトを大回りさせて左バーをカバーしてやる

このようにすれば相手ベルトからの引張力がスリットのあるバーだけに荷重がかからないようにサポートしてやることが出来る。
修理費用はしめてゼロ円でした。
でも次回からは2L容器2本までにしておこう。

posted by リチャード at 10:18| Comment(0) | 生活全般

2017年02月09日

旧友が掘り起こしてくれた45年前の私

古い写真
45年前の僕(20歳)

音楽活動をする中で、何かと演奏中の自分の写真や動画をアップしたりされたりする。
昨年、それを高校卒業以来音信不通だった同級生K君がたまたまネットで見つけたらしく、「もしや真井さんではないですか?」とのメールが届いたから驚いた。実に47年前のタイムスリップ時計でした。

高3の文化祭で二人で出演しフォークソングるんるんを歌った後は卒業を機に進路が別れ、それぞれの進路先で一生懸命で・・・とまあよくあるケース。

ふたりとも北九州を離れ私は大阪、彼は愛知と少し距離があり再会はまだ果たしてはいないが、お互い元気だったんやねとメールでの交流が復活。
聞けばK君もまた音楽を続けていたこと、またそれを退職後第二の職業カラオケとしてプロ活動しているそうだ。夢を追いかけ実現させている姿勢に拍手を贈りたい。

記憶が定かではないのだが、そのK君に卒業後一度だけ出した近況報告の手紙の中に私の自撮り写真(カメラを三脚にセットして)も添えていたらしくて、このほどダンボール箱から探し出してくれたのがこの写真カメラ

なんでこんな殺風景な場所で?と思ったが1972年というから、電車も廃止されて再開発中の大阪万博会場を自転車漕いで見に行ってみたんだろうね。
posted by リチャード at 09:50| Comment(0) | 生活全般