2020年01月05日

天秤ばかりの分銅

20gの分銅とピンセットのセットです。
10年ほど前に紙相撲力士の”体重”を測る必要があったのでヤフオクで買った石田の精密天秤ばかりに付属していました。
本体もまだ現役で使えていますが使い方は中学の理科の授業で何度か測った経験が役に立ちました。

1/100mgの精度で測れるので、電子ばかりが無かった時代はおそらく薬剤師の人も調剤するのに使ったと思われます。


分銅



posted by リチャード at 17:16| Comment(0) | スケッチ

2020年01月04日

墨壺が進化していた!

タイトルからも、或いはもっとスケッチが上手く描けていても、この絵がいったい何なのかわかる人は少ないのではないでしょうか。かつて墨壺を使ったことのある私でさえもホームセンターで墨壺を探したら、商品を見ている目のに通り過ぎてましたもん。

売り場ではオシャレに型取りされた透明パッケージに入ってぶら下がっていて、墨付け職人たちはこれを専用ホルダーに入れて拳銃のごとく腰にぶら下げます。カッコいい!!

墨壺

さる防音工事が終わりこれもまた不要になったので譲り受けたものですが、少ししか使ってなく、また出番が来る時までアトリエで保管です。

posted by リチャード at 21:40| Comment(0) | スケッチ

2020年01月03日

忘れ去られようとしているメディアたちが此処にも

VHSとHi8と言えば家庭用録画媒体として世界市場を席巻したほどの勢いがありました。がこれも時代の流れには逆らえず、今は書架の奥で埃を被っています。

録画テープ


子供達の運動会や発表会の思い出がぎっしり詰まっています。あっ、私供夫婦の結婚披露宴の録画もあったはずなんですが・・・

posted by リチャード at 22:49| Comment(0) | スケッチ

2020年01月02日

記憶媒体の悲喜こもごも

あれほど満を持して世に出た記憶媒体たち・・・
パソコンのデータ保存には欠かせないフロッピーディスク(FD)、CDよりコンパクトで編集機能に優れたミニディスク(MD)、そしてカメラの画像保存として有望だったスマートメディア 今やそれらを読み込む専用ドライブレコーダーさえ入手するのは難しいです。

記憶媒体

iPhoneで撮影したたった一枚の写真さえフロッピーディスク一枚(1.4MB)に収まらないのでは衰退するのも当然です。
一昔前なら何のこっちゃとつぶやいていた「クラウド曇りにアップしておく」が当たり前の世の中、良いのかわるいのか

posted by リチャード at 20:02| Comment(0) | スケッチ

2020年01月01日

Ray-Banのサングラス

アメリカ製のレイバン、それも1970年代のサングラス眼鏡を持っています。と自慢ぽく言いながら、実は手にするまでほとんど詳しくはありませんでした。中古品なので前の持ち主さんが手放したということはもしかしたらもうその方はこの世にいらっしゃらないかも知れません。皮ケースにも押し潰されない骨組みが内部に仕込んであって私のお気に入りです。

レイバン


一度だけ夏のライブ演奏で使ったけど、テンガロンハットに似合うんだな、これが。

posted by リチャード at 17:05| Comment(0) | スケッチ

2019年12月31日

最近の電動工具って・・・

今年の夏から秋にかけて、知人のマンションの一室を半素人ばかりで防音工事するプロジェクトに参加しまして大工方を任されました。防音部屋が無事に完成したのち、ホームセンターで購入使用した電動工具などはもう必要ないからと何点か譲り受けました。

その内の重宝した一品がこの振動ドリルー(長音記号1)という奴であります。コンクリートに穴を開けるには通常の電気ドリルでは駄目で、近くのホームセンターで探したところどれも大型で2万円以上するものばかり。

振動ドリル

一旦そこを諦めて別のコーナーで探したら小ぶりの振動ドリルを見つけたのです。軽量で、補助ハンドルが付いて、デプスゲージが付いて、逆回転切り替え可能で、無段変速機能付きで、振動と無振動の切り替え可能で価格が4千円弱というから驚きです。

こんなおもちゃみたいな道具で大丈夫かと思いながら買って使ってみたところ、コンクリートはもちろんあらゆる箇所の穴あけ、ネジビットを取り付けては木ネジ締め付けに大活躍でした。現在は私のアトリエで静かな余生いい気分(温泉)を送っております。

振動ドリル
タグ:DIY 電動工具
posted by リチャード at 21:17| Comment(0) | スケッチ

2019年12月30日

冬はやっぱり石油ストーブ

我が家は長年ストーブ派です。エアコンもあるにはあるのですがやはり火の温もりと灯油のあの揮発臭がたまらない。
しかし家にはストーブが二台あるので2週間ごとの灯油買い付けガソリンスタンドとほぼ毎日のカセットタンクへの給油など手間は大変です。

灯油缶


最近は以前のように灯油の巡回販売も少なくなってきた気がします。単価も毎年高くグッド(上向き矢印)なっているので今使っているストーブが壊れたら次を買い換えるかどうかは悩むところ。
posted by リチャード at 21:20| Comment(0) | スケッチ

2019年12月27日

ライブの相棒

ライブ演奏においてアコギ以外に欠かせない小物、アーティストによってそれは様々ですけど、私の場合は先ず必要なのがカポタストです。弾きやすいギターコード進行を使うので歌に合わせるためにはカポタストをギターネックにはめて演奏キーを調節します。

その次に大事なのがおむすび型のフラットピック、大抵の曲ならこのフラットピックのストロークだけで充分なのですが時には演奏にバリエーションを持たせるために指にはめるフィンガーピックもよく使います。

ギターアイテム

そしてそれらを曲と曲の合間すぐに取り出せるように革製のポーチに入れてベルトに通してスタンディングで歌うのが私のライブスタイルとなっています。

その際譜面台は置かず歌詞は覚えて臨むのことを長年のモットーにしておりましたが最近は演奏中に歌詞が飛ぶあせあせ(飛び散る汗)ことが何度かあり譜面台を置くべきか悩み始めた今日この頃です。もっとも演奏前の飲酒ビールを我慢すれば良いんですけどねわーい(嬉しい顔)

posted by リチャード at 11:39| Comment(0) | スケッチ

2019年06月02日

大東市花と緑のまつりでもらった!

大東市花と緑のまつりが催された東諸福公園会場では、広報誌に印刷された花苗の引換券を持っていくと無料で一人一つずつ花の苗が貰えるとあって自転車で向かい列に並んでゲットできました。
いくつかの品種はあったものの品種は選べないということで係員から渡されたのがこれ、真紅のガーベラでした。


ガーベラ

posted by リチャード at 15:39| Comment(0) | スケッチ

2019年05月26日

福岡帰省と宗像大社

大型連休も終わった五月の19日、およそ6年ぶりに実家のある福岡県宗像市に単身で帰省して来ました。実家といっても父は7年前に他界し、母も3年前から近所のグループホームに入っており現在は誰も住んでなく、人が住まない家とはこんなになるのかと思うほど埃が堆積し、干からびた虫や畳染みがあちらこちらに・・・

深夜運転でクタクタに疲れていた身体を振り絞り、最低限の寝泊まりする部屋だけでもと汗だくで拭き掃除をしてやっと荷物搬入、ここでやっと実家に戻った気分に浸ることができました。

さて落ち着いている場合でなく、今回の帰省目的はふたつ。墓参りとお袋のいるグループホームで歌を披露することだったので、近距離に住む兄の案内で午前中に墓参りを済ませて、午後から積んできたギターを背負ってグループホームに向かったのでした。

本当は他の入居者の邪魔にならないよう母の個室で控えめに演奏するつもりだったのが、スタッフさんの計らいで他の入居者さんも集まった部屋で演奏をすることに。二曲歌ったのですが途中で母が泣いているのを見たら此方もグッと来てしまい、自分のやって来たことが少し役立ったかなと感じました。

S__8904712.jpg
"ミニコンサート"を終えて母と兄と


翌日は第三の目的地、宗像大社に参拝。
敷地もさることながらそれを取り巻く広大な無料駐車場、そしてそこからのひらけた視界で気持ちもゆったりしたのか、ふだん元号には無関心な私もさすがにここで新元号とツーショット気分に。

fullsizeoutput_164b.jpeg

IMG_2631.JPG
重厚な屋根のうねりの表現が難しい

posted by リチャード at 09:49| Comment(0) | スケッチ