2014年09月21日

大阪市立大学附属植物園

2014-0921-1.jpg

秋の大紅砲 はがき プチカラー水彩


音楽イベントで何度か訪れる機会があったが、じっくりと草花を愛でる余裕が無かったのでスケッチ目的で出掛けた。

一枚目にいきなり夏の終わりを象徴するかのようなハスの花の名残に目が留まった。さすがに大紅砲という名にふさわしい凛とした佇まいである。


2014-0921-2.jpg

ハイビスカス はがき プチカラー水彩


うっかり花の名前を確認するのを忘れたので自宅で調べたがフヨウの花かも知れない。
プチカラーのハガキサイズで一輪をどアップで描いてみたかった。


2014-0921-3.jpg

薄紫の蓮の花 はがき プチカラー水彩


今さら訊けない、水連と蓮(ハス)の違い・・・そう言えばショウブとアヤメの違いにも自信が無い。

似せる事で子孫を残す植物の知恵だとすれば、違いが判らなくても仕方が無いと思う。

posted by リチャード at 22:43| Comment(0) | スケッチ

2014年07月05日

星の里いわふね

2014-0705.jpg

星の里いわふねにて A4 水彩


交野市私市(きさいち)にある「星の里いわふね」という交野市の公共施設でイベントの打合せがあり出掛けたついでに一枚描いた。7月の末頃”天の川七夕まつり”が催され、この川面一帯に竹灯籠が灯ってぴかぴか(新しい)幻想的な雰囲気に包まれる。

着色するのにプチカラーの小筆を使ったが、遠くの木々はもっと大筆で水をたっぷり含ませて描くべきだった。

posted by リチャード at 22:41| Comment(0) | スケッチ

2014年06月15日

奈良 高山町

2014-0615-1.jpg

特大茶筅と柄杓 はがき プチカラー水彩


生駒市が運営している高山竹林園、「大きな茶筅はありますか?」と尋ねたら和室に案内された。床の間に柄の直径9センチほどもある巨大な茶筅が大きな柄杓や茶釜や茶碗と共に床の間に展示してあったので描かせてもらった。時折ローカルニュースで大勢で回し飲みをしている場面があるがこれらの道具で茶を点てるそうだ。

手前の柄杓を大きく描き過ぎ逆に茶筅が小さく見えてしまって失敗。


2014-0615-2.jpg

竹林園の庭 A4 水彩


初めて通された竹林園の和室からの庭園の眺めはとてもよく手入れされていて周りは竹林である。点在している庭石は生駒石と言って経年で黒くなるのだそうだが、灯籠が乗った石だけは他の石と違ってかつて黄金色に輝いていた形跡がある。右奥には茶室があった。


2014-0615-3.jpg

高山町の竹林 A4 水彩


高山町に来たら竹を描かねば意味が無い。周辺を歩くと種類ごとに竹が群生しているので根元に座って至近距離から描いた。
用紙を縦に捉えるか横に捉えるか迷うが、縦に描いた所でとても全体は入らないと見て横に。

竹を見ていると神秘的で不思議な植物だなと思う、”生物”と言った方が似合いそうな気持ちになる。

posted by リチャード at 22:31| Comment(0) | スケッチ

2014年05月04日

野崎まつり

2014-0504-1.jpg

野崎観音西門のツツジ はがき プチカラー水彩


入口には変わった石柱がある。
由来は知らないが野崎参りの舟の安全を祈願するためなのか、舟を係留するもやいを刻んだもののようだ。


2014-0504-2.jpg

5月のJR野崎駅前 はがき プチカラー水彩


駅舎の真横にある自動販売機に張り付いて描いた。
屋台風景は絵の具がカラフルに使えて描いていても楽しい。

posted by リチャード at 22:26| Comment(0) | スケッチ

2014年04月03日

弁天池の亀

2014-0403.jpg

弁天池の亀 はがき プチカラー水彩


バッテリー交換のため愛車を修理工場に預けて歩いて帰宅する途中にこの公園に立ち寄った。

はがきサイズの風景描写はピンポイントで狙うのが面白いのでは、と探していたら恰好のモチーフを見つけた。

posted by リチャード at 22:24| Comment(0) | スケッチ

2014年03月16日

四天王寺からハルカスへ

2014-0316-1.jpg

四天王寺からハルカスを望む A4 水彩


今年のスケッチ解禁日は全面オープンしたばかりのあべのハルカスを主役に描いてみた。一枚目は四天王寺境内からの眺め。
晴れていて気温は14、5度はあったと思うが風が冷たく体感的には寒かった。

ここは初めてだったがスケッチポイントは少なく、おまけにハルカスも真正面過ぎてつまらない。シーズン開始のペンの走りはいつもながら良くない。


2014-0316-2.jpg

天王寺駅周辺からハルカスを望む A4 水彩


ハルカスに少しずつ近づきながらの2枚目。かなり離れているのに高さがあるから充分迫力がある。残念ながら絵ではこの迫力が出せていない。


2014-0316-3.jpg

あべのハルカスにて A4 水彩


ハルカス前の立体歩道橋直下から描き上げた。こんな構造になっていたのかと改めて思いながらスケッチしたが仰角60度、さすがに首が痛くなったー(長音記号1)

posted by リチャード at 22:15| Comment(0) | スケッチ

2013年11月17日

住道駅周辺

2013-1117-1.jpg

住道駅前の末広公園 はがき プチカラー水彩


中間距離の表現に弱い事がわかる。ペンも濃い過ぎる。
もっとテーマを絞ろう。


2013-1117-2.jpg

住道駅北側 はがき プチカラー水彩


「失敗作品は残しておけ」と聞いた事がある。
構図はまあまあとしても、色使いは話にならない。

posted by リチャード at 19:09| Comment(0) | スケッチ

2013年11月03日

深北緑地

2013-1103-1.jpg

深北緑地17 はがき プチカラー水彩


空を見上げて降雨を気にしながらの立ち描き。
演奏者の立ち位置が変わるはずも無いので余裕で描いていたが、このステージは一曲だけと判り途中から慌てるはめに。


2013-1103-2.jpg

深北緑地18 はがき プチカラー水彩


小さな画面に全体を入れようとすれば速写ではとても描き切れない。自信をつけてもっと対象に迫ろう。

posted by リチャード at 19:05| Comment(0) | スケッチ

2013年10月13日

深北緑地

2013-1013.jpg

深北緑地16 はがき プチカラー水彩


恐竜広場の海賊船がカラフルにリニューアルしたので描きに行った。

プチカラーの色使いにようやく馴れて来た。ペンも逆に持って細くなるように持ち方を工夫してみた。

posted by リチャード at 19:01| Comment(0) | スケッチ

2013年10月12日

親父の遺したカメラ

2013-1012-3.jpg

親父の遺したカメラ はがき プチカラー水彩


壊れてはいないがもう使う事も無い古いカメラ。今どきブローニーフィルムやフラッシュバルブを買って現像と焼き増し頼んだら高価なものになるだろう。

親父はこれらを一式揃えていた割にはそれほど撮りまくっていた記憶は無い。所有願望、これは今の自分にも当てはまる。

posted by リチャード at 20:12| Comment(0) | スケッチ