2016年07月17日

プチミューのツアーに参加して その2

須磨海岸


二日目は、メンバーに児童らが多くいるため当然ながらホテル隣接の浜辺での海水浴がメインとなる。

そのためあまり周辺を広く動き回ることは避け宿泊地である「シーパル須磨」を風景の中に何枚か捉えてみた内の一枚。



赤灯台とシーパル須磨


鉄製の真っ赤な灯台、歴史的な赤灯台がホテルのシンボル的な存在で目を引く。夜には点灯するのかと思ったがさすがにそれはないようだ。


国道とシーパル須磨


最後は国道に架かる歩道橋からシーパル須磨の正面側の眺めで締めた。

夏の歩道橋なんて誰も寄り付かない、描いている間一組が通っただけだった。こんなところで長く立ち止まっていると悪意を持った不審者か投身者と間違えられるので手早く描いて早々に立ち去るのが無難。

posted by リチャード at 14:00| Comment(0) | スケッチ

2016年07月16日

プチミューのツアーに参加して その1

六甲オルゴールミュージアム


誘われて六甲から須磨まで一泊二日のツアーに参加するのを機に、およそ1年ぶりにプチカラーを携えて出かけた。

ここ、オルゴールづくしのオルゴール博物館なんて初めてでコンサートもあり面白かった。

裏庭には池がありその畔りを囲むように皆で昼食。紐を引っ張ると曲が流れる鳥小屋風のオルゴールが木々に固定してあった。今回は鉛筆だけで下絵を描こうと決めていたがやっぱり表現力が足りずまた万年筆に変えた。



須磨海岸


六甲を後にし目指すは今回の宿泊地、須磨のシーパル須磨へ。

このホテル、神戸市立国民宿舎とのことだが建物もサービスもホテル仕立てで満足できた。

10階部屋からの眺望は素晴らしく天気が急変しない内にと、すぐに窓越しからスケッチした。ハガキサイズではこの雄大さは表現できず難しい。

posted by リチャード at 13:07| Comment(0) | スケッチ

2015年08月01日

8月の郡山城跡

郡山城跡


昨日、車のタイヤを全交換したので慣らしのために奈良県の大和郡山市まで走らせ、ついでに郡山城跡でスケッチした。折しもこの夏一番の猛暑となりほとんど日陰の無い場所でのスケッチは命取りになりかねず、午前中二時間の滞在でギブアップ。



8月の柿の実


1枚目を描いて移動中にふと見るとまだまだ青くてかわいい柿の実がなっていたので立ち描き、秋は確実にそこまでやって来ているなあ。


郡山城跡の清明梅


さらに園内を散策していたらなんと私の名を冠した?”清明梅”を見つけた。無論読みは「せいめいばい」と言って二十四節気の十四月から名付けたらしいのだがちょっと気を良くした。

posted by リチャード at 19:39| Comment(0) | スケッチ

2015年07月26日

風船かずらの実の中は

風船かずらの実


風船かずらの”風船”は中に小さな種が入っているので”実”と呼ぶのが正確なのだろう。その実の薄皮で覆われた中身の90%以上が空っぽで、軽く押しても弾力があり密閉性を保っている。


空っぽの成分は普通の空気なのか、高純度の酸素なのか、窒素なのか、はたまたヘリウムガスなのか?

もしヘリウムだったら?枝を離れて本当に風船のように飛んでいくのを想像して最高に面白い。


即席の水盤に浮かべてデスクに置いてみたら涼しげで久しぶりにスケッチしてみた。

posted by リチャード at 08:26| Comment(0) | スケッチ

2015年05月21日

風船かずらレポート〜10日目

風船かずらレポート


発芽から10日目、地表から顔を出してから3日目。

約5センチに成長した。

posted by リチャード at 09:45| Comment(0) | スケッチ

2015年05月17日

大阪城北詰周辺

川崎橋


JR大阪城北詰駅で降りて西に歩くと、北区天満と都島区を結ぶ大川に架かる橋が見えて来る。幅は狭く車は通れない。

常識的には支柱は橋の両端2本あるべきだがこの橋は天満側の岸寄りに1本しかない。だから吊り鋼管の本数も角度も右と左でアンバランスである。逆に絵としては面白い題材。



川崎橋

川崎橋を実際に渡ってみた。軽自動車がやっと通れるくらいの道幅。

車にはねられる心配が無いので安心して左端に椅子を置いて見上げる感じで描いてみた。



天満橋銘板


何代目か知らないが明治時代に鉄骨で組まれた時の天満橋の上部に取り付けてあった銘板がほとりの公園に残されていた。

畳一枚分ほどの大きさで周りに装飾が施されており鋳物製である。

posted by リチャード at 17:16| Comment(0) | スケッチ

2015年05月11日

風船かずらの発芽

風船かずらの発芽


風船かずらの種子を趣味の方からネットを通じて入手した。

15粒御一行は現在ジャムびんの蓋の中で水に浸かっていい気分(温泉)長旅の疲れを癒している。

そのうちの二粒に異変が起こった。四日目にしていよいよ発芽が始まったらしい。


アサガオもそうだが同時に水に浸しても発芽するのに二三日のタイムラグがあるのが不思議だ。まるで気候変動をやり過ごして生き延びるためにわざとタイムラグがあるような気がする。

posted by リチャード at 09:43| Comment(0) | スケッチ

2015年05月06日

いつもの屋外練習

いつもの屋外練習


趣味であるギターとスケッチ具を両方持って出る事は稀だが、あまりに穏やかな連休の最終日にギターバックに画用紙を放り込んで近くの緑地公園に出向いた。

ここは周囲が樹木に囲まれていて夏の炎天下でも練習できる格好の場所(蚊取り線香は必需だが)。

課題曲を練習していると、ここで何度かお会いしたことのあるギターの上手な「まだろく」さんが自転車で通りかかった。しかしこの日はギターを持っておられないので訊くと水彩スケッチに来たのだという。

歳恰好も一緒なら趣味までそっくりとは・・・小作品を見せてもらうと私も負けじとiPodのスケッチ画像を見せて、練習そっちのけでしばらくスケッチ談義に花が咲いた。


木漏れ日を表現しようと試みたが単なるまだら模様になり失敗失敗。

posted by リチャード at 16:59| Comment(0) | スケッチ

2015年05月02日

野崎参り

野崎参り


ここの行事の正式名は実はよく知らない。「野崎祭り」、「野崎まいり」???

新聞広告は「野崎まいり」と出ていたし参道の幟もひらがな表記ながら「のざきまいり」なので後者が正解か。

ここからのアングルを描いた後、参道入り口付近でも描いたが見事に失敗した。

連休の初日だったからか客の出足はまだ鈍く、初夏並みの陽気で冷たいものがよく売れていたようだ。



野崎参りで柏餅


五月と言えば鯉のぼりとちまきが定番だが、ちまきよりも柏餅の方が好物だ。家族への土産にと和菓子店で買って帰る。

posted by リチャード at 21:50| Comment(0) | スケッチ

2015年04月29日

大東市の土俵

大東市の土俵


ウワサには聞いていたが確かに大東市に土俵はあった。

近くに用事がありウォーキングも兼ねて探索したのは御供田(ごくでん)という町。名前からしてかつては米の集積地だった事がうかがえる。

土俵は御供田公園の一角にあってフェンスで囲まれており間近に接する事は出来なかったが4本の屋根柱にはそれぞれ赤、黒、青、白で色分け。さらに屋根裏には照明設備と音響スピーカー、さらに横に3基の旗掲揚ポールまであって本格的だ。

水平からでは土俵の表現がイマイチ、また絵を描くのにフェンスは取っ払わせてもらった。

posted by リチャード at 19:21| Comment(0) | スケッチ