2018年05月12日

5月を追いかけて

5月の私市
京阪交野線 私市(きさいち)駅

大型連休が終わったはじめての土曜日、交野市私市を訪れました。通常駅の玄関口は線路に対して両サイドに作られるものですが、ここは京阪交野線の終着駅であることから駅舎は終線の後方に作られています。

近くには大阪市立大学理学部付属植物園があることから、私も尋ねられたが園の関係者が「見学会にご参加ですか?」と駅から出てきた高齢者のグループに声を掛けていました。


5月の私市
5月といえばやっぱり鯉のぼり

その植物園側を流れる天野川に沿って作られた散策路を南に歩くと交野市立いわふね文化センターが見えてきました、と同時に川面に鯉のぼりが沢山泳いでいるのを発見。近年は各地で家々で眠っている鯉のぼりを貰い受けてこういった泳がせ方をするのが流行りらしい。

鯉のぼりに焦点を当てて遠景のいわふねの建物はぼんやりと描いてみました。





posted by リチャード at 16:55| Comment(0) | スケッチ

2018年05月06日

深北緑地 波の広場

大型連休最終日は家の雑用や食材の買物を済ませて午後から天気が崩れるらしいので散歩がてら深北(ふこきた)緑地にスケッチに行って一枚だけ描いて来ました。

浪の広場


ここは施設のちょうど真ん中あたりにあって緊急時の治水堤防を普段はスケートボードの遊び場として無料で開放しています。
なんだか気持ちが集中できずいつもの駄作になってしまったと反省。

posted by リチャード at 16:37| Comment(0) | スケッチ

2018年05月05日

三年ぶりの野崎まつり見物 その2

柏餅
描くために買ってきた柏餅、白餅がカラフルになっていた

こどもの日というと私の中では鯉のぼりと柏餅は外せない定番、まだ鯉のぼりは描いてないですけど。
この一回り大きなプチカラー水彩セットは下の3年前のハガキサイズの柏餅と比べてみると・・・やっぱ紙面に余裕があります。
さて、大型連休も残すところあと一日、かしわ餅美味しかったぁ


野崎参りで柏餅
3年前の柏餅は白餅だった



posted by リチャード at 21:08| Comment(0) | スケッチ

三年ぶりの野崎まつり見物 その1

プチカラー
野崎観音さんの境内で無料落語会をやってました

観音(慈眼寺)境内までの石段は自己健康診断のバロメータとも言えます。まだそれほど息が上がることも無かったのでひとまず健康だと思っておこう。うっすら滲んだ額の汗あせあせ(飛び散る汗)を拭って参拝後、茶店の奥で何やら語り声、覗くと無料の落語会でした。

後方からの立ち描きで一枚、描いているうちにその演目が終わってしまって困ったなと思ったら直ぐに最後の演者が出てきてホッとしました。最後の演目は必ず「野崎詣り」となるらしい、やっぱりね!

ところでこのサクラクレパス社のプチカラー、いつも愛用していたのですがやはりハガキサイズではちょっと表現が難しいと感じてました。先日ネットで調べていたら何と一回り大きい48色タイプがラインナップしているではないですか。
という事でさっそく東急ハンズで買ってきました。写真右がその48色タイプ。

画用紙サイズで言いうと八つ切りの半分、つまり十六切り。これなら構図で悩むこともなさそうです。

プチカラー



posted by リチャード at 17:20| Comment(0) | スケッチ

2018年04月29日

川のある風景探訪-此花区

絵筆を持ったのは約一年ぶり、廃業とそれに続く新しい分野の慣れない仕事ですっかりスケッチから遠ざかっておりました。
水のある風景を描きたくなって西九条駅に降り立ち、ブラブラと歩いてたどり着いた何でもない場所。
対岸に架かる歩道橋みたいな小さな橋「六軒家橋」に上がったところからの眺めです。一年間のブランクでまた捉え所のない平凡な構図の絵からの再スタートです。

2018-04-29-1.jpg



二枚目はそこから東に歩くと安治川の堤防にぶち当たったので堤防に腰掛けて描きました。座った堤防の高さが上手く表現できておらず難しい。
2018-04-29-2.jpg



posted by リチャード at 19:40| Comment(0) | スケッチ

2017年04月13日

戴き物の博多あまおうを描いてみた

博多あまおう

今朝、大つぶの「博多あまおう」を頂いた。深い赤色に熟してまるで宝石ぴかぴか(新しい)のようだ。直ぐに食べたいのを我慢してパッケージから厳選ふた粒をティッシュの上に取り置いて描いてみた。描いてる間中、甘い香りが鼻をくすぐる。
完熟を伝えたくて着色もついつい濃く描いてしまった。

スーパーの苺は大体いつも練乳を垂らして食べるけれども、あまおうには練乳なんてかけたら生産者から邪道だと叱られそうな気がするね。
posted by リチャード at 16:42| Comment(0) | スケッチ

2017年03月12日

鶴見緑地国際庭園〜モロッコ

鶴見緑地国際庭園〜モロッコ

青く澄み渡り、余りにも暖かそうな日差し晴れの天気に誘われて、自宅での野暮用を切り上げバッグにスケッチ道具を放り込んで鶴見緑地に自転車で向かった。
折しもこの日は昼から園内の国際庭園エリアで音楽仲間がスマイルコンサートイベントをやっていたので、先ずは観客席から2時間ほど聴かせてもらった。客席からスケッチを1枚試みたが完全に失敗、トイレがてら散策したら隣がモロッコ庭園で入り口が面白いカットだったので庭の中から1枚だけ描いた。アート
暖かそうでいてやはりまだ3月、太陽が少し西に傾くと体感温度がぐっと下がったバッド(下向き矢印)
posted by リチャード at 21:06| Comment(0) | スケッチ

2017年02月19日

近所の紅梅で今年の初描き

紅梅

まだ2月とは言え、寒さも和らいだ日曜日の午後、今年初のスケッチアートを強行。このタイミングならやっぱり梅でしょう。
ということで、小枝にほころぶ梅花を至近距離から1枚のみ描いて帰った。

万年筆ペンの方も外に持ち出されるのは久しぶりとあって、ペン先とカーボンインクの機嫌が悪く滑らかに描けなかったなあ。

posted by リチャード at 15:57| Comment(0) | スケッチ

2016年07月17日

プチミューのツアーに参加して その2

須磨海岸


二日目は、メンバーに児童らが多くいるため当然ながらホテル隣接の浜辺での海水浴がメインとなる。

そのためあまり周辺を広く動き回ることは避け宿泊地である「シーパル須磨」を風景の中に何枚か捉えてみた内の一枚。



赤灯台とシーパル須磨


鉄製の真っ赤な灯台、歴史的な赤灯台がホテルのシンボル的な存在で目を引く。夜には点灯するのかと思ったがさすがにそれはないようだ。


国道とシーパル須磨


最後は国道に架かる歩道橋からシーパル須磨の正面側の眺めで締めた。

夏の歩道橋なんて誰も寄り付かない、描いている間一組が通っただけだった。こんなところで長く立ち止まっていると悪意を持った不審者か投身者と間違えられるので手早く描いて早々に立ち去るのが無難。

posted by リチャード at 14:00| Comment(0) | スケッチ

2016年07月16日

プチミューのツアーに参加して その1

六甲オルゴールミュージアム


誘われて六甲から須磨まで一泊二日のツアーに参加するのを機に、およそ1年ぶりにプチカラーを携えて出かけた。

ここ、オルゴールづくしのオルゴール博物館なんて初めてでコンサートもあり面白かった。

裏庭には池がありその畔りを囲むように皆で昼食。紐を引っ張ると曲が流れる鳥小屋風のオルゴールが木々に固定してあった。今回は鉛筆だけで下絵を描こうと決めていたがやっぱり表現力が足りずまた万年筆に変えた。



須磨海岸


六甲を後にし目指すは今回の宿泊地、須磨のシーパル須磨へ。

このホテル、神戸市立国民宿舎とのことだが建物もサービスもホテル仕立てで満足できた。

10階部屋からの眺望は素晴らしく天気が急変しない内にと、すぐに窓越しからスケッチした。ハガキサイズではこの雄大さは表現できず難しい。

posted by リチャード at 13:07| Comment(0) | スケッチ