2020年02月23日

古いカメラを再びスケッチ

重たい、でかい、操作の難しさと3拍子揃った60年前のカメラです。死んだ親父が機材一式持っていました。と言ってもカメラマンとかでなく普通のサラリーマンでした。私に似てこういった機械物が好きだったんだね(笑)

現在残っているのはカメラ本体とストロボのこのセットくらいです。当時は三脚はもちろんのこと、革ケース、外付けタイマー(シャッターの先端にセットします)、レリーズ、レンズに付ける黄色いフィルター、あっそれに掃除用のシュポシュポブラシとかあったような気がします。

Old Camera
タグ:二眼レフ
posted by リチャード at 21:51| Comment(0) | スケッチ

2020年02月21日

ウエスタンベルト

メインはバックル、ウェスタンショップでベルトに付いていたノーマルなバックルをやめて、単品商品のバックルに交換したものです。もっと派手なものもありましたが歌うときにギターの裏板を傷めるのでこれに落ち着いたという次第。


ウエスタンベルト
posted by リチャード at 22:20| Comment(0) | スケッチ

2020年02月20日

先輩の遺品

40年前、職人時代に先輩から譲り受けた陶器の灰皿を特別大事に扱ってきたわけでもないのに何故か割れも欠けもせず、タバコも吸わなくなった今も手元にあります。その先輩も40歳と若くして亡くなったので、こうなったら最後まで取っておくしかないですね。

口あたりに竜串という地名があることから高知県の竜串の土産品と思われます。ネットで調べても同様の品は出てこないところを見ると案外貴重な逸品かも知れません。


滝串あんこう
posted by リチャード at 22:59| Comment(0) | スケッチ

2020年02月14日

朝のミーティング

公園は鳩たちもカラスに縄張りを奪われ、日々悩まされているようです。早朝の戦略会議でしょうか。

最近どう?
posted by リチャード at 21:03| Comment(0) | スケッチ

2020年02月13日

竹カップ 劣化か味わいか

3年前にブログに書いた竹マグカップです。実は3年も経過すると現在の竹カップはこんなに青々とはしていません。
なので製作当時の色合いを思い出して描いてみました。

竹カップ




竹カップ

3年前の製作時の竹カップ


現在は外観に細かな亀裂が走っているものの、内部にまで及んでおらず液漏れの心配はありません。
実はコーヒーは製作当時の青々したやつより今の状態のほうが美味しいんですよ。これは劣化でなく味わいと言いたいですね。

竹カップ

現在の竹カップ

posted by リチャード at 20:00| Comment(0) | スケッチ

2020年02月12日

公園の水飲み場

深北緑地に設置してある水飲み場は知ってるだけで4台あるみたいですが実際はもっとありそうです。
その内の一台をスケッチ、スズメはいなかったのですが無理やり登場してもらいました。

公園の水場
posted by リチャード at 22:54| Comment(0) | スケッチ

2020年02月10日

水彩スケッチの相棒

水彩画の下描きにはこの極太万年筆とカーボンインクカートリッジの組み合わせを以下の理由で気に入っていてもう変える気になりませんね。

極太万年筆はプラチナ製で今でもあるのか当時「MUSIC」という商品名で売ってました。音符を書くためペン先がダブルで割れています。なので筆圧を変える事により1.2ミリ幅から0.7ミリ幅まで変化を付けられるし、裏返してペン先の背中で書くと極細のラインも書くことができるのでスケッチにはこの万年筆一本で表現できるのです。

そしてインクはというと、同メーカーのカーボンインクを愛用してます。これは取り扱いが非常に厄介で一旦乾くともう水では落とせなくなります。その性質を利用すれば水彩描画中でもインクが滲むことはあり得ません。一方で万年筆のペン先もこまめにキャップをして絶対に長時間乾燥させないことも大事なんです。

プラチナ万年筆
posted by リチャード at 17:17| Comment(0) | スケッチ

2020年02月09日

ちょっと変わったハンダゴテ

以前リサイクルショップに勤めていた頃、入荷したこの品物が外観上ハンダゴテとは理解したものの、内部にモーターが仕組んであって前のスイッチでモーターが「ウィーン」と回る音だけしていったい何の機能か判らず、これでは店に出せないからと貰い受けてきたものです。

家で詳細に調べたところ、ハンダゴテには違いなくちゃんとハンダを溶かせました。そして実際にハンダを溶かしてみて分かったのでした。

ノズルの先にある小さな吸い込み口がハンダが溶けたために開放されて、まるで掃除機のようにハンダのダマ(玉)を吸い取ってくれたのです。これはハンダ付けをしたことのある人なら分かると思いますけどハンダがボテっと付くと周辺をショートさせるので最小限に無駄なく付けたい場合におおいに役に立つのです。

ハンダゴテ


posted by リチャード at 23:10| Comment(0) | スケッチ

2020年02月06日

木製コンパス

この木製コンパスはかつて木工関係の修行時代に自作したものです。不況で仕事が長期間まったく見込めない日が続くと、職人たちは刃物や道具を手入れする訳ですが、それさえ終わって何もすることがないとこういった道具の手作りを始めます。

これらは今でも自分のアトリアにあって工作などがあると時々出番があります。

木製コンパス
タグ:DIY ツール
posted by リチャード at 20:33| Comment(0) | スケッチ

2020年02月04日

品切れ続出のマスク

新型コロナウィルスによる肺炎が世界的に広がって収束する気配がない中で、
我が家でもそんなにストックがあるはずもなく使い切った後、もしまだ手に入らなければこの作業用のマスクでもするしかありません。


マスク
タグ:Mask 品切れ
posted by リチャード at 21:57| Comment(0) | スケッチ