2020年01月30日

水電池で動く液晶時計

私のデスクにこんなものがあります。一見すると何でもない液晶時計ですが90度ずつ倒す事で時計の他にアラーム、タイマー、温度計と自動的に液晶表示も回転して切り替わります。

その仕組みは上部にある注水口から水を三分の一ほど入れて、そのセンサーが水に浸ったかどうかで機能を切り替えているようです。

さて、肝心の液晶表示の電源はというと後ろの電池パネルを開けると通常ならそこに単3電池が入るであろう場所に水電池が収まっているのです。水電池はキャップを外して内部に専用スポイトで水を3、4滴垂らして発電を開始させます。それで2ヶ月くらい動き続けます。しかしイマイチ水電池が脚光を浴びることがないのはやはり起電力の貧弱さでしょうか。

水電池時計
タグ:水電池 ECORICA
posted by リチャード at 17:51| Comment(0) | スケッチ
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: