2020年01月02日

記憶媒体の悲喜こもごも

あれほど満を持して世に出た記憶媒体たち・・・
パソコンのデータ保存には欠かせないフロッピーディスク(FD)、CDよりコンパクトで編集機能に優れたミニディスク(MD)、そしてカメラの画像保存として有望だったスマートメディア 今やそれらを読み込む専用ドライブレコーダーさえ入手するのは難しいです。

記憶媒体

iPhoneで撮影したたった一枚の写真さえフロッピーディスク一枚(1.4MB)に収まらないのでは衰退するのも当然です。
一昔前なら何のこっちゃとつぶやいていた「クラウド曇りにアップしておく」が当たり前の世の中、良いのかわるいのか

posted by リチャード at 20:02| Comment(0) | スケッチ
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: