2019年05月08日

昨年の台風21号による瓦剥がれ その後

昨年9月、近畿地方に甚大な被害をもたらした台風21号は我が家にも半丸瓦(紐丸と呼ぶらしい)一枚が3階ベランダに落下して割れてしまったので、シートを被せるなど応急処置を施したことはブログに書きました。

近所の工務店に相談すると、被害が広域に及んだため順番待ちで補修がいつになるか分からないとの返事。年明けは覚悟したものの6月の梅雨入り前には何とかしなければいけないし、これはもう自分で補修するしかないと決心しました。
瓦は規格寸法さえ間違えなければちゃんとはまり込むらしいのであらかじめネットで探して注文。

さて、作業は上の紐丸を少し浮かせながらパズルの要領で上手くセットでき第一関門突破、ここでさらに風で飛ばないように針金で巻きつけると万全なのですが針金を通すには下の平瓦まで浮かす必要があり、これ以上はさすがにダメージを自ら広げてしまいそうで断念。
瓦補修


次に被害当初は漆喰の知識も無く、使い慣れた油土(水に溶けない粘土)で接合箇所を保護した箇所は数ヶ月後見るとカラスに突かれてボコボコにされていました。柔らかいと巣の材料にされてしまうらしいです。


瓦補修
修復粘土をカラスにほじくられたのでまた粘土で修復


今回のDIYで屋根に上がるのはこれで3回目の今日は粘土を除去していよいよ初めての漆喰塗りです。バケツの中で水で混ぜると意外にも粘り気があって重たい、柔らかくし過ぎないように水量に気をつけながら攪拌、もちろん攪拌するのは3階のベランダです。
それをレジ袋にすくい入れて屋根に上がりスコップ片手にあとは瓦職人に成り切ってました(笑)

瓦補修

この際見栄えは気にしない 気にしない

posted by リチャード at 11:10| Comment(0) | 生活全般
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: