2018年11月21日

台風21号のつめあと

今年の9月4日に近畿地方を襲った台風21号はここ深北緑地にも多くの木々をなぎ倒しました。
Aゾーンの北の端にぽつんと立っていた象徴的な柳の木が今は切り株状態。
周囲に立ち入り禁止のロープが張ってあって近寄れないが切り口から新芽のような葉っぱが生えているようでした。

台風倒木被害


またBゾーンの中央花壇付近では20mはあったと思われるポプラ(だったかな?)4、5本の大木が根こそぎ北向きに倒れていました。ここも立ち入り禁止でどれも幹の途中からチェーンソーで切断してあり無残な姿です。
倒れたとはいえ、根には大量の土が付いており幹の途中からここでも新芽がのぞいていました。生命力の強さかな。

台風倒木被害



posted by リチャード at 10:18| Comment(0) | スケッチ
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: