2018年10月21日

ハロウィンイベントで3年ぶりの紙相撲

ハロウィンという行事は日本には根付かないものと思っていましたが、昨今は仮装とお菓子で子供達の楽しみのイベントと化しているようです。

そこで10月21日、大東市アクロスからの依頼により「だいとう人財問屋」経由でハロウィン紙相撲ブースを出すことにしました。
イベントタイトルは「ハロウィンおたのしみデイズ2018」、会場はサーティホールの市民ギャラリー、10時〜16時までの長丁場を1時間の休憩以外はほとんど休む間なくアシストスタッフにも助けていただいて大勢の子供たちの取り組みをさばきました。

IMG_2263.jpg
開場10分前、嵐の前の静けさ

押しかける大勢の子供たちに試合もしながら同時進行で力士製作も指導するのは困難なため、今回は前もって力士を作っておくことに。依頼を受けた3ヶ月前から少しずつ力士を増やしてその数なんと50体、幟や軍配も新調してのハロウィン場所だ。

IMG_2264.jpg
顔と四股名は参加者に書いてもらう

さて、10時の開場と同時に子供達が続々と来ました、来ました。土俵を叩くのは参加者同士ながら、私はもう説明しながら実況しながら判定しながら星取表にスタンプを押しながらとてんてこ舞いあせあせ(飛び散る汗)

気がついたら午前中で力士50体はすべて”完売”となりました。
そんな場合のために、午後からは緊急用として前のイベントで余っていた既存力士を15体持参していたので使い回しで対応。
3連勝したら景品の飴ちゃんが出ると分かると途端に真剣になる子供たち、ガッツポーズ手(チョキ)と悔し涙ちっ(怒った顔)、両方を楽しませてもらいました。

閉場の16時になった時は脱力感と達成感が入り混じり、声帯の違和感と上腕の張りを感じ、ボランティアとは言え、これは何かの罰ゲームかと我ながら苦笑。


IMG_2265.jpg
行列が途切れた間隙にワンショット、あっ次の参加者が来た!


posted by リチャード at 14:37| Comment(0) | 紙相撲
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: