2018年05月12日

5月を追いかけて

5月の私市
京阪交野線 私市(きさいち)駅

大型連休が終わったはじめての土曜日、交野市私市を訪れました。通常駅の玄関口は線路に対して両サイドに作られるものですが、ここは京阪交野線の終着駅であることから駅舎は終線の後方に作られています。

近くには大阪市立大学理学部付属植物園があることから、私も尋ねられたが園の関係者が「見学会にご参加ですか?」と駅から出てきた高齢者のグループに声を掛けていました。


5月の私市
5月といえばやっぱり鯉のぼり

その植物園側を流れる天野川に沿って作られた散策路を南に歩くと交野市立いわふね文化センターが見えてきました、と同時に川面に鯉のぼりが沢山泳いでいるのを発見。近年は各地で家々で眠っている鯉のぼりを貰い受けてこういった泳がせ方をするのが流行りらしい。

鯉のぼりに焦点を当てて遠景のいわふねの建物はぼんやりと描いてみました。





posted by リチャード at 16:55| Comment(0) | スケッチ
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: