2017年07月17日

竹細工 その2「マグカップをつくってみた」

さて今度は竹材でマグカップを作ることにした。それでコーヒーが美味いのか、お茶は?ビールは?と思いつつ、作ってみなければ分からない。先日もらってきた竹材の中から根元に近くて変色もあり断面も円でなく楕円っぽいものを敢えて使ってやることにし
た。先ずは節部を底にして適当な高さの輪切りと、ここまでは簡単だ。

竹のマグカップ製作

取っ手は余った竹の輪切りを半分にして外形に合わせて削り接着すればよいが、その前に呑口の内側を薄く削ってサンドペーパーで磨いて飲みやすくしておく。取っ手も同じように面取りしてペーパーがけしておくと後が楽だ。

竹のマグカップ製作

最後に取っ手をアロンアルファで接着したら出来上がり、木型職人としては楽勝、これで完成・・・・・のはず・・・だった。
ところが出来上がった”竹マグカップ"を洗浄して手に持ったら取っ手が意外にも簡単にバリっと外れたのだ。それも竹の表面には全くアロンアルファの跡が残らずに。これってどういうこと?


竹のマグカップ製作

ネットで調べると竹の表面は接着剤も効かない不思議な素材らしい。ではどうすればいいか、表面を削ってはまり込み方式にすれば接着するのではないかと思い早速手直しに入る。

竹のマグカップ製作


手直し完了、今度はしっかりくっついているようだが安心はできない。暫く実際に使ってみて耐久テストをする必要がある。もし誰かにプレゼントして取っ手が外れてコーヒーが溢れるような事態になっては申し訳ないので。

ホットコーヒーや冷たいビールがどんな味わいになるかも気になるところ。ビール


posted by リチャード at 19:08| Comment(2) | 生活全般
この記事へのコメント
良いですねー。
竹は人体にとても良いらしいですね。

今朝、テレビで竹で可愛い琴 作ってる方がいました。
ミニ三味線みたいな小さい楽器でした。

リチャードさんも楽器にもチャレンジされてみては?(*^ー^)ノ♪
Posted by Sara at 2017年07月24日 15:21
Sara様、コメントありがとうございます。
確かにあの青竹の香りは癒やされますよ。また断熱効果もあり温かいものが冷めにくいです。
先日FBで旭区の某マスターが一個所望されてましたけど(笑)、暫く自分で使ってみて改良を重ねないとまだ商品として出せないな。

そうですね、竹の性質と加工法に手慣れてきたらいつか楽器にも挑戦したいです。そのためにも週末はもっぱら竹職人に転身です。
Posted by Sara 様 at 2017年07月24日 20:58
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: