2017年05月04日

「フレンド・ライク・ミー(理想の相棒)」やり切りました!

第五回 プチミュー合唱団 定期公演
ザ・ミュージカルパレード3より


「こんな楽しい曲があるけどやってみない?」とアモナ団長にふられたのが昨年12月のこと。YouTubeで英語版を初めて聴いた時「こんなの無理」という気持ちと「やってやろうじゃないの」と二つの思いが交錯しました。

さすがに英語版は4月公演に間に合わないと判断、劇団四季の日本語版で歌うことに。
当初はソロで考えていて、こんなヒョロいジーニーって有りなの、どちらかって言うとアラジンの方でしょって苦笑しながらとにかく毎晩練習を重ねました。

3月のこばこカフェ・ブッキングライブで初披露して自信を付けてからは余裕が生まれ、4月に入ってからの3回のリハーサルで歌い方に工夫を重ね、さらに現場で思いついたアクションを付け加えていきました。

団長自らのピアノにパーカッションの肉付けとバイオリンの手厚いサポート。さらにこの日の演奏に最大級のパワーを与えてくれたのが団員の皆さんの自然発生的な後方支援でした。本来は次の出番待ちで気持ちを整えておかねばならないのに影響がなかったかと心配したほど。

同日、二回公演だったためこの”一曲入魂”を二度も演った翌日は抜け殻のようになったのでようやくのブログ更新となりました。
公演も大成功でこのプチミュー合唱団が更にどのように発展してゆくのか今後楽しみでもあります。

るんるんFriend Like Me(理想の相棒)
posted by リチャード at 16:34| Comment(0) | 音楽活動
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: