2017年01月09日

大東市生活サポーター活動を始めた

生活サポーター

【生活サポーターの認定書】



年明け早々自営業を閉めて無職無料である。


これに合わせた訳ではないのだがたまたま昨年10月に、ある集いに演奏者として参加した折に、大東市生活サポーター制度の説明会を一緒に聞いて興味を持ったのがことの始まり。


今の介護制度の現状と直ぐそこまでやって来ている厳しい財源の逼迫も理解したが、何よりも生活面のちょっとしたことで困っているお年寄り(私も高齢者になったのだが)のサポートが出来て、喜ばれて、謝礼を頂けて、おまけにサポーター自身がやりがいを持てて健康を維持できるシステムにすごく興味を持った。

大東市補助事業でNPO法人住まいみまもりたいが運営していることも安心感がある。


私にしては珍しく行動が早く、早速その三週間後に養成講座を受講して大東市生活サポーターの認定を受けたのである。

そして本日、初めてサポート依頼が舞い込み、緊張しながら1時間のサポート活動を終えてきたという次第。


個々のサポート内容については守秘義務があるので書けないが、例えば電球の交換とか草取りとか朝のゴミ出しとか買い物といった生活上の作業だ。スローガンは「やれる時にやれる人がやれる範囲で」だったっけ?これも気に入っている。


これから活動には普段あまり乗らない自転車が活躍しそうなので少々錆びついた自転車を注油などして整備してやった。

posted by リチャード at 00:00| Comment(0) | 生活全般
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: