2017年01月07日

廃業に向けて、やることなすこと その3

会社というのは解散登記しただけでは法律上はまだ会社が幽霊のように存続しているらしい。実はその先に清算という手続きがあって余剰財産(赤字や黒字に関わらず)を分配して、最終的に残高をゼロ円にした決算報告書を添えて清算結了登記申請書を提出、受理されて初めて会社の存在そのものが消える仕組みだとか。


しかも解散登記から結了申請まで二ヶ月以上間隔を空ける必要があるという。今は解散登記したばかりだから3月まで何もすることはないということだ。


外した看板

【外した看板】


この社名の看板を掲げてからも18年経った。直接雨に打たれる場所ではなかったがそれでもかなり傷みが出ていた。


まあこんな不甲斐ない経営者では看板も外されてやっと安堵しているのではないかな(笑)

posted by リチャード at 00:00| Comment(0) | 生活全般
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: