2016年12月30日

アンティークなテーブルと椅子の修理レポート

アンティークテーブルの修理 アンティークテーブルの修理


知人宅の丸テーブルの折れた脚を修理して欲しいとの依頼で持ち帰ってきた。小ぶりな丸テーブルで中心に一本の飾り支柱があって下の方で脚が三叉に別れている、作りの良いおしゃれなテーブルだ。

脚が折れたと言うよりも正確には継ぎ目で外れた状態、一度誰かの手によって接着剤で補修した痕跡があり、接着剤が汚くはみ出してガチガチに固まっている。先ずは接着剤の除去から始めた。


アンティークテーブルの修理


固まった接着剤を削ぎ落として綺麗になった。後は合わせ目に木工ボンドを入れて一日置けばOKだ。


アンティークテーブルの修理

一部にめくれた箇所かあったのでパテで盛り付けた。脚の目立たない場所なので敢えて着色は省いた。


アンティークテーブルの修理


テーブルの飾りスカートも一部めくれていたのでボンドを入れて固定した。


アンティーク椅子の修理


次はこの椅子、ひっくり返して裏から見ると背もたれが甘くなって今にも分離しそうである。木ネジも全く効いていないし4本あるダボ木の1本が折れていた。


アンティーク椅子の修理


新しくダボ木を入れて、後はボンドを入れて合わせるだけ。締め付けネジはもう効かないだろうから、少し長めのものに変えるほうが良いだろう。


アンティーク椅子の修理


4箇所をしっかり締めてこれで大丈夫だ。


アンティーク椅子の修理

完成した丸テーブルと椅子、大きさがアンバランスなのは、たまたま一緒に持ち込まれただけでセットではないようだ。

posted by リチャード at 00:00| Comment(0) | 生活全般
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: