2016年07月31日

酷暑だった森の水族館、、、、

夏のカンヴァス


いや〜あづかっっだのなんのあせあせ(飛び散る汗)。交野市の河内磐船駅を降りてギターを背負って約20分歩いて植物園に着いたらもう汗だく。実はこんなに歩かなくても京阪線に乗り換えれば私市(きさいち)が最寄りの駅なんだが途中の古い家並みが好きなのでいつも歩く事にしている。


七夕まつり(15時〜21時半)は日没後の天野川流域で繰り広げられる光の一大ページェントが見もので、まあ誰が考えてもこの炎天下に15時から日没までの時間は集客を期待できないよね。事実、16時前にステージのある植物園入りをしたんだが芝生広場に比べて"人口密度"の低さと、横からの陽光照射に小さなテント群も役に立たず敵前逃亡したくなった(笑)


そんな状況の16時半からスタートした一番手は女高生の弾き語り、二番手はやはり女高生20人ほどの合唱は唱歌までは良かったが次第に交野市内の小中学校の校歌オンパレード(カラオケ)に移って身内だけで盛り上がっているのはまるで同窓会?

40分のステージを終えて戻って来る高校生たちは皆熱中症直前の形相にちょっと笑えないなと感じた。


三番手の私、リチャードになると先の女高生たちは指導者と共に一斉に姿を消し、客席の知人たちもいなくなってまた密度が低くなった(笑)。しかしここで撃沈するわけにはいかないと予定の6曲をブッ通した。

3曲目あたりから本当に所縁のないお客様が少しずづ集まってきてくれ、さらにステージ横で歌好きそうな青年を見つけ、飛び入り指名して一緒に歌い最後は「サライ」で盛り上がった。危うくオヤジの干物になるところだったが生還、沈む夕陽を浴びながら帰路についた。暑い中聴いてくださったお客様には感謝です。

写真の白いスクリーン前がステージ(別名人間干し場ー(長音記号1)


るんるん Colors Of The Wind るんるん ノルウェーの森 るんるん ビリーブ るんるん 耳をすませば るんるん デスペラード るんるん サライ
posted by リチャード at 10:55| Comment(0) | 音楽活動
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: