2016年07月27日

ハコフグを作った

ハコフグ


今度の土曜日は、交野市私市(きさいち)を流れる天野川とその周辺で「天の川七夕まつり」が開催される。2、3年前にパフォーマンスステージで訪れたことがあるが、夕暮れから灯される笹飾りや竹灯篭がとても幻想的な雰囲気で多くの家族連れやカップルで賑わっていたのが印象的だった。


その開催まで一週間というところで出演組に穴が空いたのだろう、以前お世話になった方から「急なお願い」があり出演を受けることになった。そう、緊急時に「あの人がいた!」と思い出してくれるのも大事なことである。「あの人はやめておこう」と言われるより絶対いい。「困った時のリチャード」「歌うトンプク薬」と言われたいくらい。


で、今回のステージは大阪市立大学の附属植物園の中にあり、企画タイトルが「夏のカンヴァス」とか。

何やら太古の昔は交野も海だったそうでそのイメージを植物園の一角に「森の水族館」として出現させるらしい。

それならばとアノ方のような魚のかぶり物でも被って歌おうかと思ったが時間が無いので簡単に折り紙の紙風船をアレンジしてみた。歌では注目されないのでこれをギターネックに結びつけて子供達の気を引こう目という作戦。

posted by リチャード at 21:22| Comment(0) | 生活全般
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: