2015年08月31日

「いのちのアサガオ」開花

命のアサガオ


昨年収穫した「コウスケ君の命のアサガオ」を今年も五月の連休に蒔いた。

なぜか我が家の花壇では開花が非常に遅く、四ヶ月経った一昨日あたりからやっと咲き始めてほっとした。


実はすぐ近くの電柱に設置してあるLEDの防犯街灯がメチャクチャ明るくて深夜中煌々と照らしているので、それが生育に影響しているのではないかと疑っている。

その証拠に花壇の奥には風船かずらを植えているのだがLED街灯から離れている株ほど蔓の伸びや葉の色が良い。


*「コウスケ君の命のアサガオ」は白血病のため7歳で亡くなった光祐君が死の直前まで育てていた朝顔。

その種が骨髄バンク普及という形で全国の人々に受け継がれている。私も以前骨髄バンク支援のコンサートに参加した時に貰っていた。

posted by リチャード at 09:14| Comment(0) | 生活全般
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: