2015年07月26日

風船かずらの実の中は

風船かずらの実


風船かずらの”風船”は中に小さな種が入っているので”実”と呼ぶのが正確なのだろう。その実の薄皮で覆われた中身の90%以上が空っぽで、軽く押しても弾力があり密閉性を保っている。


空っぽの成分は普通の空気なのか、高純度の酸素なのか、窒素なのか、はたまたヘリウムガスなのか?

もしヘリウムだったら?枝を離れて本当に風船のように飛んでいくのを想像して最高に面白い。


即席の水盤に浮かべてデスクに置いてみたら涼しげで久しぶりにスケッチしてみた。

posted by リチャード at 08:26| Comment(0) | スケッチ
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: