2015年05月17日

大阪城北詰周辺

川崎橋


JR大阪城北詰駅で降りて西に歩くと、北区天満と都島区を結ぶ大川に架かる橋が見えて来る。幅は狭く車は通れない。

常識的には支柱は橋の両端2本あるべきだがこの橋は天満側の岸寄りに1本しかない。だから吊り鋼管の本数も角度も右と左でアンバランスである。逆に絵としては面白い題材。



川崎橋

川崎橋を実際に渡ってみた。軽自動車がやっと通れるくらいの道幅。

車にはねられる心配が無いので安心して左端に椅子を置いて見上げる感じで描いてみた。



天満橋銘板


何代目か知らないが明治時代に鉄骨で組まれた時の天満橋の上部に取り付けてあった銘板がほとりの公園に残されていた。

畳一枚分ほどの大きさで周りに装飾が施されており鋳物製である。

posted by リチャード at 17:16| Comment(0) | スケッチ
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: