2015年03月25日

自分のお箸を作った

お箸の製作


先日、お箸の先を噛んで折ってしまって、そのうち買わなきゃなと思いながら割り箸で(洗って何度も使って)食事していた。ふと、うちにある桜の材料を使って箸が作れるじゃないかと閃いた。


お箸の製作


これが6年ほど前に仕入れて余っていた桜材(樺桜)、箸の長さは親指と人差し指を直角に開いた時の対角線の長さの1.5倍が目安らしい。


お箸の製作


次に幅を決めていく。箸先って掻き込みやすい牛丼屋の箸と違って案外シャープなんだな。


お箸の製作


今度は厚さも幅と同じように揃えていくと箸らしくなってきた。ここまで先を細くするとカンナはもう掛けられずサンドペーパーで調整してゆく。


お箸の製作


初めてにしてはなかなかいい具合だ。塗装も考えたが桜の素材を活かしてあえて塗らないことにした。

出来たばかりの箸で昼食にうどんを食べたら滑りにくく食べやすかった。

タグ:製作 お箸
posted by リチャード at 14:02| Comment(0) | 生活全般
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: