2012年08月03日

紙相撲イベント

kouminkan2012.jpg


普段は積極的な普及活動もせずマイペースで運営している初霜部屋だからイベントと言ってもこれまでアクロスだけだったが、初めて大東市立公民館からお話を頂いた。美術工芸室をお借りしての3時間、人数限定企画でじっくりと力士製作指導に向き合えた。


集まってくれたのは親子合わせて6名、こんなマイナーな紙相撲がイベント最終日でいいの?なんて余計な心配をよそに、家内も館のスタッフも力士製作に参加してもらった。当然私も指導の合間に一人スカウト。


さて後半はこうして出来上がった総勢9力士による壮絶な総当たり戦が繰り広げられた。主催者側が参加者力士を投げ飛ばす場面にハラハラ、悔し涙あり、笑いあり、雄たけびありと、その歓声は外の通路一杯まで響いたそうな。対戦結果は付添のお母様方の力士が1位と2位を独占しなんとも大人げない(笑)


手加減が出来ないからこそ親子で対等に遊べるのも紙相撲の魅力だ。

posted by リチャード at 14:44| Comment(0) | 紙相撲
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: