2020年02月20日

先輩の遺品

40年前、職人時代に先輩から譲り受けた陶器の灰皿を特別大事に扱ってきたわけでもないのに何故か割れも欠けもせず、タバコも吸わなくなった今も手元にあります。その先輩も40歳と若くして亡くなったので、こうなったら最後まで取っておくしかないですね。

口あたりに竜串という地名があることから高知県の竜串の土産品と思われます。ネットで調べても同様の品は出てこないところを見ると案外貴重な逸品かも知れません。


滝串あんこう
posted by リチャード at 22:59| Comment(0) | スケッチ