2020年02月15日

福祉用具専門相談員二日目

2回目となる今日は9時から18時までみっちり、はやり短期間のカリキュラムを組んでいるため中身が濃かったです。そして動きやすい胸にネームの付いた演習服、これは初任者研修でも着用したのでまた役立ちました。

技術的な資格なのでいよいよ演習では調整工具とか持たされて車椅子とかを利用者に合わせた調整法などを学ぶのかなと思いきや、全員で交代しながら濁ったゴーグル、聞こえづらい耳塞ぎ、関節固めサポーター、ウェイトなどを身に付けて階段を昇り降りしたりと、高齢者を疑似体験しました。(疑似もなにも私は高齢者そのものなんだけど)

福祉用具を取り扱う者の心得として先ずは利用者の立場になって様々な視点から課題を探ってみる事が重要のようです。座学と違って演習に入ると途端に受講者同士で仲良くなり、会話が盛り上がるのが面白かったです。
タグ:介護 資格 講座
posted by リチャード at 20:47| Comment(0) | 生活全般