2020年01月06日

けん玉 プレイも難しいがスケッチも難しい

けん玉

けん玉くらい楽勝と思っていたら、この一枚を描くのに画用紙二枚をボツにしてしまいました。ボールが真球になってなかったり、受台と通し棒がずれていたり。

つまり玉、受台、通し棒の三つの構成部品すべてが幾何的に回転形状であり、かつその三つの中心軸がある一点で交差することを念頭に入れて描かないと不自然になると気付きました。

IMG_0077.jpg

釣りの世界では鮒に始まって鮒に終わると言われるように、スケッチもまたけん玉に始まってけん玉に終わると言えるのではないかと改めて認識しました。

まだまだ修行が足りまへん。



タグ:プチカラー
posted by リチャード at 22:37| Comment(0) | スケッチ