2019年09月18日

ギターのブリッジが変だ!!

明日、介護施設に訪問演奏があるので愛用のGuild D-50を取り出し久しぶりに練習しようと弦を鳴らすと、おや?チューニングが大きく狂っている。原因はと見ると直ぐにわかりました、ブリッジ剥がれです。

実はふた月前に、あるイベントがあって目的地まで炎天下、ギターを背負って15分以上歩いたことがあり、その際に太陽熱でダメージを受けたものと思われます。そう言えば、それ以降にあったイベント2本でも何となく音がこもったような感じがしていたのはブリッジからボディに振動が上手く伝わっていなかったのですね。

ブリッジ剥がれ修理

さて、どうしたものか・・・通常ならばこれはもう楽器屋さんに持ち込んで緊急手術となるのでしょう。しかしここまで剥がれて(よく見ると低音弦側ほど強く引っ張られて0.5ミリ横ずれも発生)いるのなら案外簡単に剥がれるのではと思い、自分で修理することにしました。

ブリッジ剥がれ修理

ノミを入れま〜す。入れる側はノミ跡が目立たない内側から慎重に少しずつ場所を変えながら音を聞き分けながら、ボディに亀裂が入りそうだったら反対側からも少し叩いてやります。こうして格闘すること10分、見事に分離成功exclamation

ブリッジ剥がれ修理
接着が効いていたのはわずかに高音弦側のみで低音弦側のほとんどは効いてなかったことが分かります。


ブリッジ剥がれ修理
なるべく元の接着剤跡を除去、サンドペーパーで滑らかに


ブリッジ剥がれ修理
アロンアルファで接着成功exclamation

ネットで調べると接着にはアロンアルファは使わずにタイトボンドを塗ってクランプで押さえて一晩寝かすらしいですが
取り敢えず明日弦を張ってみて使えそうなら早速訪問演奏で試したいと思います。





posted by リチャード at 23:03| Comment(0) | 音楽活動

2019年09月13日

介護職員初任者研修6日目

受講も6回目ともなるとほぼ自分の席が決まってきます。この日も初対面の講師なのかなと思っていたら、初めて二巡目の女性講師が来られました。「復習します」と言っていきなりホワイトボードに試験問題風の10項目ほどの質問を書いたのでびっくりです。
実は自宅では提出レポートは仕上げるものの、それ以外は全くノータッチでしたから。

私の通路を挟んだ隣は大学生君で両者とも一番前の席に座っているのですが、先生が例え話として私に向かって「眞井さんが高齢者で今施設にいると仮定します」「では眞井おじいちゃんは介護者による◯◯のケースの場合どう感じますか?」みたいな質問にちょっと複雑な心境になしましたね。だって施設にこそ入ってないけど仮定でも何でもなく67歳の私は高齢者そのものですから。

別の質問ではさすがに先生も意図をくみ取ってくれたのか、私には質問しないで大学生君に「◯◯君がもし高齢者と仮定して・・・」などと振っておられたなあ。そう、そのほうが無理がありません。

一分間の心拍数を測る講座でははじめに自分で計測した数字を記録します。次に二人がペアになってお互いに心拍数を計りました。その時は隣の大学生君とではなく、後ろの女性と組んでお互いに計り合いましたがその数値がグッド(上向き矢印)と上がったことは言うまでもありません。
posted by リチャード at 21:09| Comment(0) | 生活全般

2019年09月05日

介護職員初任者研修 5日目

受けてきました、5日目授業。やはり今回もレギュラー陣に混じって振り替えの受講生の方が二人ほどおられました。
第1回目から5回目のこの日まで一度たりとも同じ講師でないことからも講師陣の層の厚さを感じました。

さて、この日のテーマは高齢者の概念や考え方、それから認知症の知識と患っている方の行動など学びましたが、すでに受講生である私自身が高齢者だから妙な感じです。
この先、後半は実習に入っていくのですが多分双方が交代で介護職役と利用者役になって介助の実習があるはず、私はきっと”模範的な”利用者役になれるはずです、頑固に拒否したりしてちっ(怒った顔)困らせるかも。

posted by リチャード at 22:36| Comment(0) | 生活全般