2019年08月11日

3次元CAD利用技術者試験

CAD利用技術者試験(一般社団法人コンピュータ教育振興協会主催)」というものがあって、大きく2次元CAD試験と3次元CAD試験に分かれており、私がいま最も興味があるのが後者の3次元CAD利用技術者試験です。内容は筆記問題の2級、そして実技問題の準1級、さらに上の1級と分かれています。

こんな認定試験があることは以前から知っていたのですが、その頃は実技試験で使用できるのがWindows系CADソフト、それも幾つかの限定的な国内版ソフトだったと記憶しています。私が独学で勉強したソフトはMacintosh系の海外版CADソフトでしたからもうその時点でアウト。それに当時は資格なんて無くても別に問題なく目の前の仕事で使えていましたからね。

ところがリタイヤした今、あの試験のことがふと気になって調べてみたところ、これまでどおり試験場が用意するシステム環境で受ける一般受験に加えて、持ち込み受験というのが新設されていたのです。それは自分の使い慣れたCADソフトをインストールしたノートパソコンを試験場に持ち込んで受験することが可能だということです。
実際に判定用のサンプル問題を解いてみたところ私のCADソフトでも(時間はえらく掛かったけど時計)解答を得ることができました。

年二回ある試験で次のチャンスは12月、但し仮に何の準備もしないで受けたとしても確実に落ちるバッド(下向き矢印)でしょう。出題傾向を研究したり受験対策は必須です。そこで協会が推奨する公式ガイドブックなるものを書店で買い求めてきました。内容も充実しているので当面はこの本でしっかり準備します。
スタートしたばかりの介護受講と半ば衝動的なCAD受験をほぼ同時進行でやるわけですから、この夏はちょっと大変ですあせあせ(飛び散る汗)


IMG_2707.JPG


posted by リチャード at 22:59| Comment(0) | 生活全般