2016年07月31日

酷暑だった森の水族館、、、、

夏のカンヴァス


いや〜あづかっっだのなんのあせあせ(飛び散る汗)。交野市の河内磐船駅を降りてギターを背負って約20分歩いて植物園に着いたらもう汗だく。実はこんなに歩かなくても京阪線に乗り換えれば私市(きさいち)が最寄りの駅なんだが途中の古い家並みが好きなのでいつも歩く事にしている。


七夕まつり(15時〜21時半)は日没後の天野川流域で繰り広げられる光の一大ページェントが見もので、まあ誰が考えてもこの炎天下に15時から日没までの時間は集客を期待できないよね。事実、16時前にステージのある植物園入りをしたんだが芝生広場に比べて"人口密度"の低さと、横からの陽光照射に小さなテント群も役に立たず敵前逃亡したくなった(笑)


そんな状況の16時半からスタートした一番手は女高生の弾き語り、二番手はやはり女高生20人ほどの合唱は唱歌までは良かったが次第に交野市内の小中学校の校歌オンパレード(カラオケ)に移って身内だけで盛り上がっているのはまるで同窓会?

40分のステージを終えて戻って来る高校生たちは皆熱中症直前の形相にちょっと笑えないなと感じた。


三番手の私、リチャードになると先の女高生たちは指導者と共に一斉に姿を消し、客席の知人たちもいなくなってまた密度が低くなった(笑)。しかしここで撃沈するわけにはいかないと予定の6曲をブッ通した。

3曲目あたりから本当に所縁のないお客様が少しずづ集まってきてくれ、さらにステージ横で歌好きそうな青年を見つけ、飛び入り指名して一緒に歌い最後は「サライ」で盛り上がった。危うくオヤジの干物になるところだったが生還、沈む夕陽を浴びながら帰路についた。暑い中聴いてくださったお客様には感謝です。

写真の白いスクリーン前がステージ(別名人間干し場ー(長音記号1)


るんるん Colors Of The Wind るんるん ノルウェーの森 るんるん ビリーブ るんるん 耳をすませば るんるん デスペラード るんるん サライ
posted by リチャード at 10:55| Comment(0) | 音楽活動

2016年07月27日

ハコフグを作った

ハコフグ


今度の土曜日は、交野市私市(きさいち)を流れる天野川とその周辺で「天の川七夕まつり」が開催される。2、3年前にパフォーマンスステージで訪れたことがあるが、夕暮れから灯される笹飾りや竹灯篭がとても幻想的な雰囲気で多くの家族連れやカップルで賑わっていたのが印象的だった。


その開催まで一週間というところで出演組に穴が空いたのだろう、以前お世話になった方から「急なお願い」があり出演を受けることになった。そう、緊急時に「あの人がいた!」と思い出してくれるのも大事なことである。「あの人はやめておこう」と言われるより絶対いい。「困った時のリチャード」「歌うトンプク薬」と言われたいくらい。


で、今回のステージは大阪市立大学の附属植物園の中にあり、企画タイトルが「夏のカンヴァス」とか。

何やら太古の昔は交野も海だったそうでそのイメージを植物園の一角に「森の水族館」として出現させるらしい。

それならばとアノ方のような魚のかぶり物でも被って歌おうかと思ったが時間が無いので簡単に折り紙の紙風船をアレンジしてみた。歌では注目されないのでこれをギターネックに結びつけて子供達の気を引こう目という作戦。

posted by リチャード at 21:22| Comment(0) | 生活全般

2016年07月17日

プチミューのツアーに参加して その2

須磨海岸


二日目は、メンバーに児童らが多くいるため当然ながらホテル隣接の浜辺での海水浴がメインとなる。

そのためあまり周辺を広く動き回ることは避け宿泊地である「シーパル須磨」を風景の中に何枚か捉えてみた内の一枚。



赤灯台とシーパル須磨


鉄製の真っ赤な灯台、歴史的な赤灯台がホテルのシンボル的な存在で目を引く。夜には点灯するのかと思ったがさすがにそれはないようだ。


国道とシーパル須磨


最後は国道に架かる歩道橋からシーパル須磨の正面側の眺めで締めた。

夏の歩道橋なんて誰も寄り付かない、描いている間一組が通っただけだった。こんなところで長く立ち止まっていると悪意を持った不審者か投身者と間違えられるので手早く描いて早々に立ち去るのが無難。

posted by リチャード at 14:00| Comment(0) | スケッチ

2016年07月16日

プチミューのツアーに参加して その1

六甲オルゴールミュージアム


誘われて六甲から須磨まで一泊二日のツアーに参加するのを機に、およそ1年ぶりにプチカラーを携えて出かけた。

ここ、オルゴールづくしのオルゴール博物館なんて初めてでコンサートもあり面白かった。

裏庭には池がありその畔りを囲むように皆で昼食。紐を引っ張ると曲が流れる鳥小屋風のオルゴールが木々に固定してあった。今回は鉛筆だけで下絵を描こうと決めていたがやっぱり表現力が足りずまた万年筆に変えた。



須磨海岸


六甲を後にし目指すは今回の宿泊地、須磨のシーパル須磨へ。

このホテル、神戸市立国民宿舎とのことだが建物もサービスもホテル仕立てで満足できた。

10階部屋からの眺望は素晴らしく天気が急変しない内にと、すぐに窓越しからスケッチした。ハガキサイズではこの雄大さは表現できず難しい。

posted by リチャード at 13:07| Comment(0) | スケッチ

2016年07月14日

舞台の小道具 只今製作中 その5

アラジンの剣



剣(つるぎ)3本が完成して一連の作業終了。

西洋鍔(つば)の部分に特定メーカーの1.5Lペットボトルを切り抜いて代用するため、数日かけて一本飲み干しては取り付けていった。立て続けに3本飲んだのでもうあの炭酸飲料はしばらく飲みたくない。


刃の部分は迷いなくシルバー塗装をしたが、ランプの時のゴールドに比べてムラが目立たず比較的楽だったかな。PET素材の着色は油性でも水性でもOKで定着もけっこう良かったのは意外。

後日どんな場面で登場するのか今から楽しみにしておこう。

posted by リチャード at 18:53| Comment(0) | 生活全般

2016年07月10日

舞台の小道具 只今製作中 その4

魔法のランプ-塗装後



”魔法のランプ”にゴールドスプレーを施して一応の完成とした。一応というのは、本当はこれに装飾彫りが入るともっと豪華になるんだろうがそこまでやるには数か月を要するし、芸術作品を作っているわけではないので今回はシンプルに。


それと塗装についても狙いはピッカピカゴールドぴかぴか(新しい)にしたかったがあいにく塗りの専門職でない事と、費用を出来るだけ抑えたい事もありこの程度で妥協した。


これでも木材の地肌を消すためにはFRP処理→磨き→ブラックスプレー塗布→磨き→ゴールドスプレー塗布という手順を踏まないとここまで均一なゴールドが出せなかった。

posted by リチャード at 20:15| Comment(0) | 生活全般

2016年07月08日

舞台の小道具 只今製作中 その3

魔法のランプ-塗装前



”魔法のランプ”もできた! 着色するならやはりメタゴールドぴかぴか(新しい)だろうな、それならそれで多難ではあるけれども。 

ところでこのカタチってランプとしての機能はどうだったのかと疑問に思う。当時の油の精製度とか空気取り入れ口がないところを見ると不完全燃焼ですす煙が出ることは常だったかも。


ランプをこすると魔人が出てきて「あなたの望みは聞かなくてもわかっている」なんて言われそう。

posted by リチャード at 09:03| Comment(0) | 生活全般

2016年07月07日

舞台の小道具 只今製作中 その2

剣-塗装前



剣(つるぎ)がいちおうカタチになった! 舞台上子供達も混じった剣の舞でもこれならそんなに危なくないと思う。

刃の形状もさることながら鍔(つば)をどうしてもアラビアン風にしたかったので思いついて1.5Lのペットボトルを利用してみた。

ボトルの肩口の形状は特に重要なためスーパーで不審者と思われながらも慎重に品定めして1本テスト購入。それが結構上手くいった。一刀分しか完成していないのは2本目のジュースをまだ飲み終えてないので・・・


さて、つぎの塗装では刃をメタリックにしたいことと、ペット素材の鍔に最適な着色をしたいこと。

タグ: 小道具
posted by リチャード at 16:30| Comment(0) | 生活全般

2016年07月02日

舞台の小道具 只今製作中 その1

小道具製作


イベントで使うのに、ある小道具2種が欲しいとの相談を受けた。出し物はかの有名なミュージカル場面だがこれまでアニメすら観たことがなかったのでネットで調べながら、なるほど、なるほど・・・こういう感じでね〜という具合。

イメージ物はおおよその大きさが決まれば後は感覚でやっつけるだけ。輪郭線も決めて今日の作業はここまで〜


取引先の製作工程だったらブログに掲載できないが、今回は試行錯誤具合をアップしていこうと思う。


ところで昔こんな小物も作ったなあ・・・

ステッキ

posted by リチャード at 17:20| Comment(0) | 生活全般