2019年06月25日

4.28 平成最後のステージ

このイベントの3日後に新しい元号になるという、まさに平成最後のステージとなりました。
この時点では新しい元号が「令和」だなんて知る由もなくいったいどんな時代が来るんだろうと、
私も周りの出演者たちもいつにも増してワクワク気味のステージだったと思います。

私はと言いますと、2ステージを頂きましてその中から児童メンバーのママたちと一緒に演奏した動画を貼り付けておきます。
自分のソロよりビジュアル的にも断然華やかで演奏にも力が入っていたのが良くわかります。






posted by リチャード at 20:20| Comment(0) | 音楽活動

2019年06月02日

大東市花と緑のまつりでもらった!

大東市花と緑のまつりが催された東諸福公園会場では、広報誌に印刷された花苗の引換券を持っていくと無料で一人一つずつ花の苗が貰えるとあって自転車で向かい列に並んでゲットできました。
いくつかの品種はあったものの品種は選べないということで係員から渡されたのがこれ、真紅のガーベラでした。


ガーベラ

posted by リチャード at 15:39| Comment(0) | スケッチ

2019年05月26日

福岡帰省と宗像大社

大型連休も終わった五月の19日、およそ6年ぶりに実家のある福岡県宗像市に単身で帰省して来ました。実家といっても父は7年前に他界し、母も3年前から近所のグループホームに入っており現在は誰も住んでなく、人が住まない家とはこんなになるのかと思うほど埃が堆積し、干からびた虫や畳染みがあちらこちらに・・・

深夜運転でクタクタに疲れていた身体を振り絞り、最低限の寝泊まりする部屋だけでもと汗だくで拭き掃除をしてやっと荷物搬入、ここでやっと実家に戻った気分に浸ることができました。

さて落ち着いている場合でなく、今回の帰省目的はふたつ。墓参りとお袋のいるグループホームで歌を披露することだったので、近距離に住む兄の案内で午前中に墓参りを済ませて、午後から積んできたギターを背負ってグループホームに向かったのでした。

本当は他の入居者の邪魔にならないよう母の個室で控えめに演奏するつもりだったのが、スタッフさんの計らいで他の入居者さんも集まった部屋で演奏をすることに。二曲歌ったのですが途中で母が泣いているのを見たら此方もグッと来てしまい、自分のやって来たことが少し役立ったかなと感じました。

S__8904712.jpg
"ミニコンサート"を終えて母と兄と


翌日は第三の目的地、宗像大社に参拝。
敷地もさることながらそれを取り巻く広大な無料駐車場、そしてそこからのひらけた視界で気持ちもゆったりしたのか、ふだん元号には無関心な私もさすがにここで新元号とツーショット気分に。

fullsizeoutput_164b.jpeg

IMG_2631.JPG
重厚な屋根のうねりの表現が難しい

posted by リチャード at 09:49| Comment(0) | スケッチ

2019年05月08日

昨年の台風21号による瓦剥がれ その後

昨年9月、近畿地方に甚大な被害をもたらした台風21号は我が家にも半丸瓦(紐丸と呼ぶらしい)一枚が3階ベランダに落下して割れてしまったので、シートを被せるなど応急処置を施したことはブログに書きました。

近所の工務店に相談すると、被害が広域に及んだため順番待ちで補修がいつになるか分からないとの返事。年明けは覚悟したものの6月の梅雨入り前には何とかしなければいけないし、これはもう自分で補修するしかないと決心しました。
瓦は規格寸法さえ間違えなければちゃんとはまり込むらしいのであらかじめネットで探して注文。

さて、作業は上の紐丸を少し浮かせながらパズルの要領で上手くセットでき第一関門突破、ここでさらに風で飛ばないように針金で巻きつけると万全なのですが針金を通すには下の平瓦まで浮かす必要があり、これ以上はさすがにダメージを自ら広げてしまいそうで断念。
瓦補修


次に被害当初は漆喰の知識も無く、使い慣れた油土(水に溶けない粘土)で接合箇所を保護した箇所は数ヶ月後見るとカラスに突かれてボコボコにされていました。柔らかいと巣の材料にされてしまうらしいです。


瓦補修
修復粘土をカラスにほじくられたのでまた粘土で修復


今回のDIYで屋根に上がるのはこれで3回目の今日は粘土を除去していよいよ初めての漆喰塗りです。バケツの中で水で混ぜると意外にも粘り気があって重たい、柔らかくし過ぎないように水量に気をつけながら攪拌、もちろん攪拌するのは3階のベランダです。
それをレジ袋にすくい入れて屋根に上がりスコップ片手にあとは瓦職人に成り切ってました(笑)

瓦補修

この際見栄えは気にしない 気にしない

posted by リチャード at 11:10| Comment(0) | 生活全般

2019年05月04日

交野市河内磐船

年金生活者の私でも世間の10連休にはいい加減うんざり気味で、早く通常の流れになって欲しいです。
今日のスケッチテーマは地域の歩行者のための生活道路として交野市にあるJR河内磐船駅周辺を探訪しました。

1枚目はJR学研都市線河内磐船駅から東に約250mの所にある踏切で、車道と平行に歩行者はガード下を潜れるようになっていました。

2019-0504-1.jpg
森南の踏切にて


東西に走るJR学研都市線はこの河内磐船駅で南北に走る京阪交野線と立体交差しており交通に便利な反面、生活道路は線路や盛土に阻まれているようです。しかし細かく歩いてみると自転車がやっとすれ違えるようなトンネルがあちらこちらに見つかりました。

2枚目は駅の北側ロータリーに戻って「磐船」の由来でしょうか、岩の船のかたちをしたモニュメントがあったのでスケッチ。
描いていると正面に京阪交野線を潜る歩行者トンネルがあってここでも大勢の人が往来していました。

2019-0504-2.jpg


posted by リチャード at 16:42| Comment(0) | スケッチ

2019年05月02日

今年の野崎祭りは新たな視点から

昨日から始まった野崎祭りに行って来ました。

昨年夏からまさしくこの商店街沿道のリサイクルショップに勤めていて、うちの店でも祭りの期間はこうして車道に大勢の露店に混じって出店をします。昨日はあいにくの冷たい雨で出店は思い留まりましたが今日は文句なしの五月晴れ。

そして今日はオフだったのですが好天に誘われ同僚を冷やかしついでに出かけてみました。ダラダラと屋台を見ながら観音さんまで上がってお参りしてから帰路、人混みの中から頭上でシャッターを切ったのですが後で見るとこれがなかなか良いアングル。

現場主義の自分としてはまったくの写真から絵にするのは心情に反するのですが、この場所では現場スケッチは物理的に不可能なので仕方がないですね。


野崎祭り


タグ:野崎祭り
posted by リチャード at 20:44| Comment(0) | スケッチ

2019年04月23日

大阪城ホール

大阪IMPビルに買い物に行ったついでにスケッチでもしようと建物の外に出たら外は帽子も飛ばされそうな強風、えっ?今日はこんなに強風が吹いていたっけ。
よく考えてみたらこれがビル風というやつでとてもスケッチできそうもないので少し歩いた所に噴水広場を見つけここからの大阪城ホールの眺めを描きました。

大阪城ホール
posted by リチャード at 17:11| Comment(0) | スケッチ

2019年04月22日

ベニカナメモチ

ネットで調べたらベニカナメモチとか、またはレッドロビンと言うらしい。
西部図書館の桜の花も散り終えた庭園に鮮やかに咲いていたので(葉が赤くなっているので咲くとは言わないか)、図書館の用件を手早く済ませてちょこちょこっと描いてみました。

2019-0422.jpg
posted by リチャード at 13:36| Comment(0) | スケッチ

2019年04月21日

初めてのタケノコ掘りで収穫

市の広報に掲載されていたタケノコ掘りに夫婦で参加してきました。ここしばらく降雨もなかったので竹林の地面は乾いていて斜面でのタケノコ探しは滑りやすく一苦労でした。
結局私は一本も見つけられず、絵にしたこの二本は妻が見つけて掘ったものです。来年も参加しよう!


タケノコ掘り
posted by リチャード at 13:59| Comment(0) | スケッチ

2019年04月09日

可愛い梅の実

以前に描いたグミの実よりもまだ小さな梅の実たちがたわわに成っていました。
周辺は満開の桜が賑わいを見せていた中で此方はまったく目立っていなかったなあ。



梅の実
posted by リチャード at 20:28| Comment(0) | スケッチ