2019年03月13日

平成最後のステージ  になるかな?

プチミュー合唱団の定期公演イベントのチラシが出来上がったようなのでここでもアップしておきます。

私の中では先の2月のステージ二本が無事終わったこともあって、しばらくは何も無いだろうと踏んでおりましたが、
頂いたチラシには・・・4月28日、気恥ずかしくも賛助出演として出番を頂いていました。

そう言えば少し前に幾つか演れる曲を打診されていたっけわーい(嬉しい顔)
しかも「平成最後」とならば、これは失敗できないぞと新たにフンドシを引き締めているところであります。

考えてみたら、メンバーには自分の孫よりもっと幼い子供達もいる中で、一緒にコンサートに関われるなんて・・・
本当に音楽をやって来て良かったなとつくづく思うこの頃であります。

190311.png


posted by リチャード at 22:44| Comment(0) | 音楽活動

2019年03月02日

アコギが入庫!! 

「住まいみまもりたい」のリサイクルショップには引越しとか片付け事の無料引取品として、様々な生活用品が入って来ます。贈答用の陶器セットや置物、生活雑貨、植木鉢、バッグ、履物、衣類、電化製品、文具といった具合。

引取品が商品として全部リサイクルできるのならば言うことは無いのですが、残念ながら様々な事情で多くは廃棄処分行きです。お客に買っていただく以上、発火の恐れのあるものや身体に悪影響を及ぼすものは先ず出せませんしね。

そんな中で例外なく楽器も入ってまして、電子ピアノ、三味線、大正琴、エレキギター等々見ました。私が音楽をかじっているだけの理由から、いつの間にか楽器の検品は私の役目になっていますがアコギ以外は門外漢なのにあせあせ(飛び散る汗)

さて先日、満を持して先日アコースティックギターが一本入庫しました。

Sepia Crue Guitar
あらたな活動の場で蘇ることとなった引取ギター

と言いますのは私のギター伴奏で集客も兼ねて来店客を対象に「住マイル歌声サロン」を先月より週1回ペースで始めておりまして、仕方なく自分のギターを持参していました。店のイベントならば引き取った楽器を使うことに意義があると思うのです。

今日、入庫ギター(Sepia Crue W-130/TS)を自宅に持ち帰り入念に検品したところ、入門仕様ながらネックの反りも許容範囲、ほぼ無傷で弦も張り替えた形跡がない楽器店流れかと思わせるような美観でした。おまけにケース付きだし。
ミディアム弦に張り替え後のチューニングもフレット音痴は無し決定

次回の第4回住マイル歌声サロンからデビューさせようと思うので、いつまでも売れ残っていて欲しい逸品ですわーい(嬉しい顔)

posted by リチャード at 15:01| Comment(0) | 音楽活動

2019年03月01日

野崎フォークジャンボリー出演しました!!

先日の日曜日は「夢楽らいぶ一座」さん主催の野崎フォークジャンボリーにソロ出演して2曲歌って来ました。
タイトルからして発足当初はフォークソング中心の演奏会だったはず、でも今ではジャンルを問わず幅広く、主に大東市で活動しているアーティストやサークルに声をかけている様子です。実際、雅楽の篳篥(ひちりき)演奏とか殺陣サークルによる殺陣の披露もありました。

この日は2月最後の日曜日にも関わらず会場内はもう4月かと思われる陽光が射し込み、気持ちよく演奏を楽しむことができました。

世話役の山野氏から動画がアップされたとの知らせを受けて当ブログにも貼り付けさせて頂きます。クリックすると私の出番からスタートする設定をしていて、前の出演者さん方ごめんなさ〜い 



るんるんDesperado     るんるん主人公
posted by リチャード at 22:08| Comment(0) | 音楽活動

2019年02月16日

Kiss The Girl with プチミュー合唱団

保護者様撮影のビデオデータが中継されて昨日当方に回って来たので休日の半日を使って全体編集しました。
約50分間の映像を切って切って切りまくって12分に圧縮編集したものをYouTubeに公開。
これで団員さんのほぼ全員が観ることができるようです。本当に便利な時代になりました。

次に自分の演奏だけのバージョンを、これは一曲だけなので簡単、下に貼り付けておきます。


posted by リチャード at 18:15| Comment(0) | 音楽活動

2019年02月14日

プチミュー合唱団のイベントに参加

2月11日の祝日、この日はリチャードが日頃何かとお世話になっているプチミュー合唱団の発表会にまたまたお邪魔しました。
会場は大東市立総合文化センター(サーティホール)

全体のテーマは「リトル・マーメイド」で物語仕立てのメドレーとなっており、リチャードはその中の「Kiss the girl」の枠をいただきました。

もしここに関わっていなければまず自分では取り上げない歌(ジャンル)であろうと思いつつ、そしてちょっぴり恥ずかしながら練習を重ねて、この日の披露目となりました。 動画編集が終わったらまた後日貼り付けようと思います。

リトル・マーメイド
気持ち良いバックコーラスを背中に受けて・・・
写真は保護者様のビデオより拝借

タグ:kiss the girl
posted by リチャード at 10:57| Comment(0) | 音楽活動

2019年01月26日

わたしの職場「住まいみまもりたい」

リサイクルショップです。
週に三日、それも午後からの入店なので「職場」と言ってもいいのかよく分かりませんが、ここに通い始めてもう半年になりました。いらなくなったモノの引取、商品の配達それに点検、整備、商品出しと、何もかもが覚えることばかり。
中でもお客との対面販売(レジ打ち)は今でも緊張あせあせ(飛び散る汗)の日々であります。

さて、昨今はこの店に限らず集客が最大の課題ということでもっと多くの人に知ってほしいとの思いがあって、インターネットとか使えそうなものはダメ元でも使ってみようと色々模索を始めております。

住まいみまもりたい
これも素材として使えれば・・・

posted by リチャード at 14:26| Comment(0) | スケッチ

2019年01月04日

酸っぱい八朔(はっさく)

庭で採れたからと昨年末に知人から6個ほどいただいた八朔を毎日一個ずつ食べています。これがまたえらく酸っぱいのなんのあせあせ(飛び散る汗)あせあせ(飛び散る汗)

皮は分厚くて硬く、剥くときも指先が中々入らず、顔に飛び散る汁がもうすでに酸っぱいです。
家族はその漂う酸臭だけで近寄って来ませんわーい(嬉しい顔)


頂いた八朔

一房ごと丁寧に皮をむいてバラし、砂糖をまぶせば甘さ半分、酸っぱさ半分で自分の胃液とどっちが強いんだろうなどと思いながら何とか食べられます。
食後に1日一個ずつ食べていますが2個を残して今日は休柑日


頂いた八朔


せっかくの正月なので描き初めということで八朔を描きました。ああ、酸っぱ!!!

タグ:八朔
posted by リチャード at 13:39| Comment(0) | スケッチ

2019年01月02日

年賀状について

新年明けましておめでとうございます。
つまらないブログですが今年もよろしくお願いいたします。

ここ何年か親戚に不幸が重なってプライベートの年賀状を出さない年が続いたり、また商売の方も廃業したため、これを機に今後の年賀状を一気に不義理にしようかなどと考えていたらインクジェットプリンターまで使えなくなっていました。

今更手書きも億劫だしとうとう今年は年賀ハガキを買うことなく年が明けてしまったので、言い訳として拙ブログに手書きの年賀状を貼り付けておきます。


謹賀新年


posted by リチャード at 16:58| Comment(0) | 生活全般

2018年12月31日

仕事編〜CADは相棒

CAD(キャド)とはcomputer-aided designの略称で、コンピュータを使って画面上で物のカタチという情報をデジタル化して汎用性を高める技術です。自動車産業に欠かせない金型分野でいち早く導入されました。

かつては金型の多くは木型を元に作られていましたがCADの出現によって木型製作の受注は激減し、遂に私のような末端の木型屋は息の根を止められてしまったわけです。

4029.jpg
木材で作った木型サンプル(ラッカー塗装)

25年くらい前から兆候はありました。先ず木型製作に欠かせない図面が支給されない、或いは支給されてもワイヤーフレームという寸法抜きで線だけの投影図だったりとか。

test.jpg
ワイヤーフレーム例

今となっては信じられないことですが実際こんな寸法表記のない図面から寸法を拾い出して木型を作っていたのです。しかしそのワイヤーフレームもやがては出してもらえなくなるとの危機感から、趣味で持っていたMacintoshで3Dデータが読み込めるCADソフトはないものかと探し始めました。


当時国内のCADソフトはWindows系が主流でMac系は皆無に等しい状況でしたが、米国Ashlar社のVellum Cobalt というモデラーCADに目が留まりダメ元でカスタマーサービス宛に直接交渉したのが発端で、その時返事をくれたのが偶然CEO本人だったという幸運にも恵まれ、2002年にVellum Cobalt 導入に成功しました。

本当に使えるのか入手するまでは博打に近いものでしたが自由な切断面、美しいレンダリング、二次元図面出力など「痒いところに手が届く」との表現がぴったりの素晴らしいソフトでした。

スクリーンショット 2018-12-31 13.36.58.png
Ashlar-Vellum Cobalt の3D画面

モデラーCAD導入は当然ながら形状をゼロから作ることも可能で、これまでデータの受け手だった側がクリエイター側にもなれることを意味します。実際数え切れないくらいの3DモデルデータをMacで作りました。
2017年に廃業するまでの残り15年間をなんとか乗り切れたのもこのモデラーのお陰と言っても過言ではありません。

有難いことに、廃業した現在でも個人的にかつての取引先からモデリングや図面作成仕事で時々声を掛けて頂いております。
CADはまさに私の相棒なのです。

17015.jpg
Ashlar-Vellum Cobalt を使った近年の作品より



1009.png
Ashlar-Vellum Cobalt を使った近年の作品より


posted by リチャード at 10:51| Comment(0) | 生活全般

2018年12月30日

仕事編〜突然の異動

これまでブログで触れることはありませんでしたが、私自身の今年の大きな出来事といえば7月5日の終業20分前に突然職場異動の辞令を受けたことでしよう。
トップのお考えは絶対なので、これはもう従うしかないわけですが・・・

それまでは某サポートセンターでサポーターと利用者を結びつけるコーディネーターとして、またパソコンを使ったデータ管理など担当し、自分の中ではライフワーク的な位置付けだっただけに予告なしの突然の辞令はショック雷でしたね。
こりゃまるで不祥事引責か、更迭かと大見出しが付きそうな扱いだなと、内心苦笑しながら10分でデスクを明け渡しました。



しかしながらジグジグ引きずらないのが私の長所でもありまして気持ちの切り替えも速いです。その異動先と言いますのが大東市野崎参道商店街にありますリサイクルショップ「住まいみまもりたい」、なのであれからもう半年働いたことになりますね。

ここでは"週に三日ほど"店舗スタッフとして、時には商品の配達や引取業務などで軽トラを乗り回しています。この"週に三日ほど"というのが身体の筋痛の回復にちょうどいいんだなわーい(嬉しい顔)、でもこのシフトも来年から増えそうな気がします。

新年ではこの「住まいみまもりたい」でのコレはという商品などをアップ出来たらと画策しております、でも珍しくて安くて良いものは直ぐに売れちゃうんですよね。
posted by リチャード at 22:42| Comment(0) | 生活全般