2017年09月09日

人感センサーLED電球を買ってみた

人感センサー電球

ホームセンターに行くと照明売り場は圧倒的にLEDが主流になってしまった。ということで我が家にも浴室前の洗濯機置場に人感センサー付き電球を買ってきた。商品はアイリスオーヤマ社のECOHiLUXという、そのままで電球ソケットにねじ込んで使えるので簡単だ。40W同等の明るさで消費電力8.2Wは驚くばかり。

人感センサー電球

早速取り付けてみると反応もよくとても明るい。その反応の良さなんだが、カタログデータから計算するとここの天井の高さは2.1mなので床面ではランプ直下から半径約1.6m内に入ると点灯することになる。だから風呂場に行く必要が無く二階に上がるため近くを通るだけでも無駄に点灯している。先端にあるセンサーにセロテープを貼ったりしたが目立った変化なし。

人感センサー電球

そこでペットボトルを切って電球フードを作ることにした。LEDは発熱も低いので燃える心配はない。キャップ部と中央部を切断してホワイトラッカースプレーで塗装したら出来上がり。

人感センサー電球

サイズもピッタリだ

人感センサー電球

取り付けてみた。フードの肩口で止まっていて落下する心配はなく微妙に角度も変えられる。この角度いっぱいでセロテープで止めたら写真の右側床面で直下50cmまで近づいても点灯しなくなった。それに光量もソフトである。色を変えたらもっと面白いかもしれない。

posted by リチャード at 15:59| Comment(4) | 生活全般

2017年09月06日

学生さんに草むしりをやってもらいました

クロ現
NHK「クローズアップ現代+」から 右端に私が映っていました〜

大東市生活サポーターのコーディネーターをするようになって約5ヶ月になります。先々月はNHKの「クローズアップ現代+」という番組の取材があって放送もされるなど、市民主体で高齢者サポートに取り組む運動が全国的に見ても大東市では上手くいっているのだそうです。

サッカー部の草取り

さてそんな中、先日は高齢者宅の広いお庭の草むしりを大阪産業大学のサッカー部の学生さん方(指導者も入れて10名)にやって頂きました。ちょうど夏休み中でボランティア活動としてレポートテーマにもなれば部費活動費の足しにもなるというので率先して集まってくれました。こちらも若い力を借りれば一斉に終われるので大助かりです。

サッカー部の草取り

お家の利用者さんも最初は10人もやって来てさぞ驚かれたことでしょう、でも蚊取りスプレーや休憩に飲み物を用意してくださるなど嬉しかったなあ。約二時間後お庭はすっかり綺麗になって、利用者さんから学生さんたちに労いの言葉をかけてチケット一万円分を渡して頂きました。

サッカー部の草取り
写真提供 OSU

posted by リチャード at 13:24| Comment(2) | 生活全般

2017年07月31日

竹細工 その3「ビアジョッキをつくってみた」

竹ビアジョッキ

写真では前回作ったマグカップとさほど変わらないように思えるが、これで竹の内径が82mm、容量は約600ccあってビール大瓶一本分が入る。実はこの試作品はもう手元になく、NPOで日頃お世話になっている女性にプレゼントした。これでビールが美味しかったかどうかまた後日コメントを頂くとしよう。

ところで青竹の加工には鋸(のこ)、鉈(なた)、小刀、それに鉋(かんな)などを使うのだが、前回の加工から二週間目に道具を見たら全部にサビが出ていたので驚いた。青竹は水分を多く含んでいるので加工後の刃物のケアが大切と学んだ。

ビールを飲んでみた感想(予定)「◯◯◯ ◯◯◯◯◯exclamation  」
posted by リチャード at 23:14| Comment(0) | 生活全般

2017年07月17日

竹細工 その2「マグカップをつくってみた」

さて今度は竹材でマグカップを作ることにした。それでコーヒーが美味いのか、お茶は?ビールは?と思いつつ、作ってみなければ分からない。先日もらってきた竹材の中から根元に近くて変色もあり断面も円でなく楕円っぽいものを敢えて使ってやることにし
た。先ずは節部を底にして適当な高さの輪切りと、ここまでは簡単だ。

竹のマグカップ製作

取っ手は余った竹の輪切りを半分にして外形に合わせて削り接着すればよいが、その前に呑口の内側を薄く削ってサンドペーパーで磨いて飲みやすくしておく。取っ手も同じように面取りしてペーパーがけしておくと後が楽だ。

竹のマグカップ製作

最後に取っ手をアロンアルファで接着したら出来上がり、木型職人としては楽勝、これで完成・・・・・のはず・・・だった。
ところが出来上がった”竹マグカップ"を洗浄して手に持ったら取っ手が意外にも簡単にバリっと外れたのだ。それも竹の表面には全くアロンアルファの跡が残らずに。これってどういうこと?


竹のマグカップ製作

ネットで調べると竹の表面は接着剤も効かない不思議な素材らしい。ではどうすればいいか、表面を削ってはまり込み方式にすれば接着するのではないかと思い早速手直しに入る。

竹のマグカップ製作


手直し完了、今度はしっかりくっついているようだが安心はできない。暫く実際に使ってみて耐久テストをする必要がある。もし誰かにプレゼントして取っ手が外れてコーヒーが溢れるような事態になっては申し訳ないので。

ホットコーヒーや冷たいビールがどんな味わいになるかも気になるところ。ビール


posted by リチャード at 19:08| Comment(2) | 生活全般

2017年07月09日

竹細工 その1「花器をつくってみた」

花器

木型職人だったので材料が木なら道具も持っているまあそれなりに得意分野だ。だが青竹から切り取りして細工物を作るのは初めてだった。先ず道具からして違い竹専用の鋸(ノコ)や鉈(ナタ)があると聞いて先日ネットで購入した。

考えてみれば竹というのは不思議な植物である。節の数は生まれたての竹の子の時にすでに形成されていて節と節の間隔を広げて成長することで大きくなっていく。しかも理想的な空洞により自重を軽くしつつ強度を保っている。材料としての価値も高く捨てるところがない。その空洞に物を入れたり液体を入れたりする道具として、あるいは細いヒゴにして編めば魅力的で実用的なザルやカゴに変身するという具合。


花器

カゴを作るのは年期が必要でとても無理だから先ずは手始めとして(切り花を生ける)花器を製作してみた。
花器なんて使ったことも作ったこともなく、知らないことはネットで調べて写真なども大いに参考にした。
基本は節を利用して水を注す領域を考えつつ上部を適当な所で切断する。水平に切っても良いが斜めに切るとオシャレである。節の下数センチが足になり太めの竹は三叉にしてみた。

竹は決して真っ直ぐでなく太さも均一でない。枝のある部分では胴も変形している。一本一本に強烈な個性があるのも何かしら人間のようでいて面白い。完成した花器は試しに住まいみまもりたいリサイクルショップに安値で置いてみようと思う。
posted by リチャード at 12:44| Comment(0) | 生活全般

2017年07月08日

大東市立北条人権文化センターで訪問演奏


7月7日の午後のひととき、市内にある大東市立北条人権文化センターという施設に高齢者が定期的に集まってお茶を楽しみながらお喋りをしたり、元気でまっせ体操をしたりして過ごす「ホッとできるサロン」に同じ市内で活動しているプチミュー合唱団が呼ばれて訪問演奏しました。

私、リチャードもギター伴奏のお手伝いを仰せつかってこの日のために新しい「Sing」とか「明日があるさ」を猛特訓して臨みました。会場には約30名のお客様が集まって一緒に夏のテーマの唱歌やフォークソングを歌いました。

最後はスタッフさんの計らいもあってアンコールも頂き私達も楽しく過ごすことが出来ました。また秋に次の訪問の約束も出来たようです、楽しみですね。それにしても偶然なのか参加者は女性ばかりで男性がゼロだったのが印象的だったなあ。
posted by リチャード at 12:30| Comment(0) | 音楽活動

2017年07月01日

初めての竹取り

竹取り

30日、大東市内で活動しておられるM会の方々による竹伐採が先週に予定されていたが雨のため延期となっていた。そして迎えたこの日も又あいにくの雨だったので再延期かと思いきや、延ばすと七夕行事に間に合わないとかで強行伐採となったらしい。

我々「住まいみまもりたい」のY代表がM会さんと親しくさせていただいているよしみでぜひこの機会に我々も竹を取りたいと、Y代表と私の二名で参加したという次第。

未明からの断続的な雨で竹林の足場は大変滑りやすくなっており我々素人が無理に分け入って怪我でもしたら返って迷惑をかけるとの判断から竹取りは断念、上で待って切り取られた竹を引き上げる手伝いをした(というより最初から邪魔な二名であったかも)。

「どれでも好きなの持っていってええよ」との言葉に甘え、適当な長さの三本を戴いてホイサッサと車に積んで置き土産もなく現場を離脱した(笑)

さて、持ち帰った立派な青竹がどうなるか、乞うご期待といったところ。

タグ:大東市 竹林
posted by リチャード at 22:50| Comment(0) | 生活全般

2017年06月20日

先日のこばこカフェライブ 2


45年来の旧友Tさんにブレッドの名曲「IF」を伴奏してもらいました。彼もスチール弦は久しぶりのようで、また私もギター無しだと手のやり場に困ってしまいました(笑)
後半はSaraさんと現場合わせの突撃コラボ、楽しければ結果オーライってことでぴかぴか(新しい)


そしてもう一人の旧友Mさんが動画を撮影して提供してくれたので編集してみました。
posted by リチャード at 22:19| Comment(0) | 音楽活動

2017年06月18日

こばこカフェ定期ライブ

こばこカフェ定期ライブ

昨夜は旭区の「こばこカフェ定期ライブ」におじゃましました。
45年前の20代前半の頃に勤労青少年ギターサークルで知り合った二人の友人が聴きに来てくれました。(私の同列右のお二人)
長い間交流は途絶えていたのですが皆60代になり再会、彼らもクラシックギターとジャンルは少し違いますが、現在も音楽を続けて楽しんでいるのも同じで、今夜はちょっと張り切り過ぎて空回り気味のリチャードでした(笑)
松本さん写真ありがとうございます。

こばこカフェ定期ライブ



posted by リチャード at 13:42| Comment(0) | 音楽活動

2017年06月06日

第10回 マチルダ・洋楽デー

マチルダスナップ マチルダ 洋楽10

4日の日曜日の午後はミッキーさん企画、洋楽ブッキングライブが今やホームグラウンドと化した宗右衛門町のLive Bar マチルダで約3ヶ月半ぶりに催された。

今回集まったのは全部で5組。ソロのリチャードを除いて、なぜか申し合わせたみたいに皆デュオトイレなのでちょっと居心地がね。

でもまあソロにはソロなりの表現、というか味わいで演奏(パーティ)を楽しんできました。

るんるんMe & Julio Down By The Schoolyard るんるんJunk るんるんStand By Your Man るんるんHello Mr. Heartache るんるんEverybody's Talkin' るんるんFriend Like Me
posted by リチャード at 09:24| Comment(0) | 音楽活動